Page 1 of 3123

私の大好きなお風呂 『葛の湯』

戸塚で生活していると、他にも『田谷の湯』『極楽湯』などありますが

一番多く訪れているのがこちら

 

私が小学生の頃の昭和60年代の匂いがプンプンする

レトロな雰囲気がたまらないのです

歳をとったからか、ここ最近は新しくてきれいなものよりも

古くて、ちょっと汚れているもの(葛の湯が汚いという意味ではありませんよ)

に気がひかれるようになっています

 

入浴料金 470円にプラス160円を支払うと

ロイヤルコースといって、地下のサウナ付、シャンプー、ボディシャン付の

特別ゾーンに入場することができる

というシステムもなんだか古風で気に入っています

そのロイヤルコースへの特別な鍵も

『ただ、ひっかけるだけ』の簡易的なものだったり

色々なところがツボです

刺青禁止が当たり前の昨今の銭湯の風潮に逆境するように

かなりの確率で刺青の方々もいらっしゃいますし

小鳥たちもいます

いつも車で行くのですが

帰りには味のある飲み屋さんなんかも数軒あって

『あー、飲んで帰りてえなぁ~』なんて気分に必ずなります

 

昨今の非寛容社会の中にあって、寛容度の高い

私の癒しの銭湯です

 

 

 

家を買う前に、やってはいけないことがあります

これを知っているか、知らないかで

本当に住宅ローンが通らなくなることがあるので注意が必要です

 

控えた方がよいこと① 『金融機関からお金を借りること』

 

特に注意が必要なのが、車を買うのにローンを使う場合です

 

現金で買う場合には、特に問題ありませんが

オートローンを利用するのは、できれば家を買った後にしたほうがいいです

 

オートローンを組んでいると

住宅ローンの借入額可能額が激減します

 

たとえ、借りる額が少額だったとしても、毎月の返済額を基準にしますので

住宅ローン借入に不利になります

 

また、オートローン以外にも

消費者金融系の借入はお止めください

 

消費者金融系の借入は住宅ローンの審査上、

大きくマイナスになります

 

延滞などした場合には、借入は不可能

延滞してなくても、数か所から借入履歴があるだけで

だいぶ借入が難しくなります

 

 

控えた方がよいこと②  『キャッシュカードを作ること』

 

最近では、色々なところでショッピングするたびに

カードを作ることを勧められたりしますし

インターネットで買う時にもカードが必要だったりします

 

そんな時の注意点ですが

・あまり枚数を多く作らないこと

・キャッシング機能をなるべくつけない。つけたとしても限度額を低くする

 

これも住宅ローンの審査に関係してくるのですが

カードを作って、キャッシング機能がある場合

キャッシングできる限度額が50万円だとすると

銀行としては『50万円の借入がある』という前提で審査をします

 

ですので、カード枚数が多く、キャッシング限度額が多い場合は

借入額が思ったよりも借りられないという事態になりかねません

 

控えた方がよいこと③ 『転職する』

 

住宅ローンの審査では勤続年数も大いに関係があります

転職して1年未満の場合には、借入が難しいことも多いです

 

ですので、一度転職してしまうと

最低でも1年経過するまではローンが組めません

 

ただ、住宅ローンを借入した後の転職は全く問題はありません

 

以上、マイホームを買う前に控えて欲しい事をご説明しました

これを読まれた方はもう大丈夫だと思います

 

大事なマイホームの購入に万全に備えましょう

あけまして、おめでとうございます

オリンピックイヤーの2020年がいよいよ始まりました

 

世の中では『オリンピック後に不動産の価格が暴落する』とか

『オリンピックまでには不動産を売った方が良い』などと言われていますが

本当でしょうか?  私はそうは思いません。

 

確かに大きなイベントなので気分的な一区切りにはなりそうですが

不動産の価格下落に直接的に、即座に影響があるとは思えません

あくまでも気分的な世論だと思っています

 

しかし、オリンピックとは関係なく、大きな分岐点にいることは

間違いありません

変化は急激にではなく、ゆっくりとやってきます

気づいた時には、時すでに遅しということがこれから多くなってくるでしょう

 

不動産の価格の相場はどうやって変化するか?

それは単純で【需要と供給】のバランスです

 

買いたい人が少ないのに、物件が多くなってくれば価格は下がります

その逆であれば価格は上がります

 

では、今後そのバランスがどうなるか?

それはもう私のような不動産の専門家でなくても明白です

 

【人口減少】というすでに始まっている事実

 

人口減少は今後もどんどん進んでいくことがわかっています

なので、買いたい人は単純に少なくなります。(需要は少なくなります)

それに伴って、供給の方は減るでしょうか?

 

周りを見てみるとわかると思いますが

新築マンションや新築一戸建ては、建設会社が存続していかなければならないので、今でも供給し続けていますし簡単には止められません

 

また、高齢化にともない、相続に伴った資産処分、空家問題での空家空地処分

などで中古物件市場の供給も今後は増えていきます

 

需要は確実に減るのに、供給は止まらない。

それどころか着実に増えていく

 

こういうすでに起こっている事実に対して

どう準備し、どう行動してくか?

これを求められるのが2020年なのではないかと思います

 

大切な資産である不動産を今後どうするか?

売るなら売る。売らないならどう活用するか? どう生かしていくか?

決める時期に来ています

一番してはならないのは、先延ばしです

 

世の中の雰囲気が一斉に『早く売らないと』となってからでは時すでに遅しです

 

もう一度言います

変化はゆっくりとやってきます。

というよりも変化はすでに始まっています。それにどう対処するかどうか?

一緒に考えましょう

 

自分にとって都合の良い話しを聞いて、安心している場合ではありません

現実を直視し、『あの時、手をうっておいて良かった』となるための

お手伝いをしたいと思います。その一歩をまずは踏み出してください

https://www.1totsuka.jp/property/detail_03216/

上記のページから詳細な物件ページもご覧になれます

 

戸塚区平戸1丁目の閑静な住宅街の丘の上に立地するマンション

『ライオンズマンション東戸塚ヒルズ 1990万円』のご紹介です

平成12年築。ペット飼育可能

管理の行き届いた、ライオンズマンション

周辺は一戸建て中心の住宅街で閑静な雰囲気

高台なのでマンションの裏側から見える景色は圧巻です

 

お部屋は72.9平米の3LDK

写真を見ておわかりの通り、日当たりもばっちりな南向きのお部屋です

収納も豊富で使いやすい間取りです

 

水回りも綺麗にお使いです

周辺には生活施設や学校などが徒歩圏で

暮らしやすい便利な立地も魅力

 

宅配ロッカーもありますし、ファミリーでも、共働きのご夫婦でも

さまざまなお客様におススメできる

バランスのとれたマンションです

現在は空室になっていますので

現地を見たい方はぜひご連絡くださいね!

 

今年は大きな台風が2回も来ました

今年に限らず、ここ数年毎年のように『数十年に一度の・・・』

というような災害が日本を襲っています

温暖化などによって、こういった災害は珍しいことではなくなるだろう

という予想もありますし、台風や雨以外にも、大地震も今後起こる前提で

備えていなければならないなあと改めて思います

 

マイホームを探す時にも『防災』を気にするかたが多くなり

被災の可能性や被災した場合の対処方法などを購入の判断基準の一つに

するのが当たり前の時代になってくると思います

 

じゃあ、防災についてどうやって調べるか?

を紹介したいと思います

 

戸塚区でも防災についてはきちんと資料を公開していて

区役所に行けばこのような資料が無料でもらえます

・防災・区民マップ

・戸塚区 浸水(内水・洪水)ハザードマップ

・戸塚区 北部・南部 土砂災害ハザードマップ

 

自分が検討している物件がどんなリスクがあるのか?

浸水想定区域・土砂災害警戒区域 などに指定されているか?

 

ただ、指定されている物件がダメという訳ではないので

判断材料の一つとして検討されると良いと思います

 

そのほか、インターネットでも色々な災害リスクを調べられます

 

過去の災害の履歴が調べられる

『災害履歴図』

 

市町村が作成したハザードマップを便利に活用できるポータルサイト

『重ねるハザードマップ』

 

土砂災害警戒区域などの指定エリアが調べられる

『土砂災害ハザードマップ』

 

浸水の被害予測などがわかる

『洪水ハザードマップ』

 

これら以外にも、様々なところで災害情報が公開されていますので

色々とネットで調べてみても良いと思います

こちらもマッピーと言って不動産会社が調査の時に使うサイトで

色々な情報が調べられます(横浜市はこの辺の資料開示が進んでいますね)

『マッピー』

 

戸塚区に昔から住んでいる人の話からも

災害の情報を聞かせてもらえます

『昔は柏尾川がよく氾濫してね~、船が出たもんだよ』

なんて話もよく聞きます

 

私の祖父の時代には、そういった防災の知識は生活と密接だったようですが

便利になり、氾濫なども少なくなると人は災害の事も忘れてしまいます

ここにきて、災害がまた頻発する時代になり

改めて防災については現実的に考える時代になったのかなと思います

 

ぜひご紹介したサイトや資料など活用してみてください

 

売却を検討する時に1度は悩むテーマではないでしょうか?

 

現在の不動産市況ではバブル前と違い、築年数に伴い、価格が下がってしまっているケースが多いです。

 

個人的には、特殊な要素がない限り、昔のように価格が上がっていくとは思えません

将来の値上がりが期待できた時代には、売るよりも貸している方が得をしたケースが多かったですが、値上がりが期待できない今、賃貸に出した方が良いケースは限定されます

 

『将来、そこにもう一度住む可能性が高いか?』

『住宅ローンはすべて返済が終わっているか?』

 

この2つのどちらにもYESであれば、賃貸にした方が良いと思います

しかし、どちらかにNOがある場合には、売った方が良いかもしれません

 

アパートやビルなどの投資物件やよほど利回りの良い一般物件でない限り、賃貸に出して得をすることはありません。

 

ただ、損得ではなく将来にご自身が住む予定があるのであれば売ってしまうことで色々な諸経費がかかりますから、売らずにしばらく賃貸に出すのもよいでしょう。

 

しかし、住宅ローンが残っていて、将来住む可能性も無いのであれば、売ることをおすすめします。

 

賃貸に出した場合のオーナーが支払う経費などを合計して手元に残る賃貸収入を計算してみるとどれだけ割に合わない投資かがわかるはずです。

 

売るか貸すか悩んだ時にはまず冷静に数字の計算をしてみるのが良いと思います

まずはリビングとダイニングの写真

これでおわかりかと思いますが、お部屋がとても綺麗です

 

というのも、2009年にリノベーション済みの新品同様のお部屋を購入

その後も綺麗な状態をキープしています

以前にリフォーム履歴がある物件は多くありますが

その状態をここまでキープしている物件はなかなかありません

和室と洋室

同じく綺麗です。

洗面・キッチン・トイレ

どこも綺麗。2009年に新規交換済みです

 

また、今回の売却に当たって、設備の点検もしましたが

どこにも異常がなく、設備の保証もついてくる優良物件です

そしてもう一つの特徴は・・・

お部屋を囲むように約52平米の専用庭がついています(月額利用料1040円)

一戸建て感覚で、小さなお子さんのいるファミリーにおススメ

下階への音の迷惑も気にせず、のびのびと公園代わりに遊ばせられそうです

外観もこんな感じ

3階建の低層マンションで、周辺は一戸建て分譲地

静かで閑静な雰囲気も好印象です

 

売主様は居住中ですが。もちろん見学可能です

ご興味のあるかたは遠慮なく当社までご連絡ください

 

教えたくない店の一つ。

私のブログには影響力が無いという前提でご紹介したいと思います

 

戸塚のハローワークの近く、旧東海道沿いにひっそりと佇むお店で

近所に住んでいる私でも『営業しているの??』

と何年間もスルーしていました

 

初めて入るにはちょっと勇気が必要ですが、行く価値は十分すぎるくらいにあります

お昼時にお店の前に行きますと

写真のようなメニューが立てかけられています

全部読める人いますかね? 左から二番目とかはたぶん『焼肉』って書いてあります

 

私が初めて訪れた時にも同じようなメニューリストでした

このメニューを見て、ひるんで帰ってしまう人もいると思いますが、心配いりません

中に入ると、女将さんが『とんかつ、でしょ』と初来店の私にも強くおススメしてくれます

(きっと長年やっていると、人を見れば何を頼むかわかる能力が備わるんでしょう)

 

私も『じゃあ、とんかつで』とおススメに従い、座っていると

『うちの店、初めて? お茶は自分でやるんだからね、うちは』と

ルールを色々と教えてくれます

 

しばらくすると、付け合せの煮物、ごはん、お味噌汁、そしてとんかつ

お味噌汁を渡してくれる女将さんの手が小刻みに震えているのがまたいい味だしています

(ドリフターズのコントを思い出してしまいました)

 

バランスの取れた、懐かしい感じの定食でテンションが上がります

煮物を一口食べると、おいしい!!

これでレベルの高さが一瞬でわかりました。勇気を出して入ってよかった~!

そしてとんかつ、高いお店のとんかつと違って、お肉は薄めですが

揚げ方や味は申し分ありません

 

大満足で『ごちそう様です、おいくらですか?』と大将に聞くと

『ワンコイン。500円』

 

驚いている私の顔を見て、大将も女将さんも、してやったりの顔をしていたように思います

素晴らしい店に出会ってしまった・・・

その日は、家に帰って妻に、翌日はその日会ったお客さんに

このお店の話しを自然としてしまっていた私でした

 

大将と女将さんの二人でやっているので

たくさんお客さんが来ても、対応できないと思います

こういうお店は今となってはとても貴重で、本当に大切にしなきゃと思います

 

電話番号も住所も載せません

ぜひ探して、行ってみてください。そして私と会ったら『きし美話し』で盛り上がりましょう!

 

 

 

 

タイトルの通り、そのままなのですが

『良い物件は高い。安い物件は安い理由がある』

この仕事をやっていると、本当にそう思います

 

市場経済では、価格は正直です

売主は少しでも高く売りたいですし、買主は少しでも安く買いたい

その両者のバランスのちょうどよいところに『相場価格』があるのです

 

安く売りに出てくる物件というのは、安くせざるを得ない理由があるから安いのです

少しでも高く売りたいはずの売主が、理由もなく安くするはずが無いのです

 

インターネットなどがまだ無く、情報不足だった時代には

不動産業者の言い値、セールストークで、相場よりも安く売ってしまう売主さんもいました。

そういった時代には『掘り出し物件』も存在したかもしれません

 

でも、現在では情報が無料で誰でも手に入れられる時代です。

少し調べれば、自分の家の相場価格や周辺の売却事例なんてすぐにわかります

不動産会社が安い価格を提示してきてもその通りの価格で売ることなんてありません

 

ましてや、売主が業者の物件や新築物件などでは

販売広告費や人件費、利益が価格に含まれていますから

掘り出し物件なんてあるはずがありません。

 

ですので、『掘り出し物件はほぼ無い』という現実的な前提に立つことが第一歩

奇跡のような物件を求めて物件探しをするのはやめましょう

 

間違っても、不動産会社に行って『掘り出し物件みたいな、お得な物件ありますか?』

なんて聞いては駄目です

営業マンが売りたい物件を勧められるだけですから

 

それよりも、お得かな?安いかな?と思った物件があれば

『安い理由はなんでしょうか?』と聞いてください

安い理由があるからと言って、悪い物件だとは限りません

 

・坂道が急だったり、斜面に建っていたり

・駅から遠く、バスの便が悪かったり

・法律違反をしていたり、再建築できなかったり

・道路が狭かったり、土地の形がいびつだったり

 

ちょっと考えただけでも安くなり得る理由はたくさんあります

 

そもそも、100%満足できる物件なんてありませんから

何かしらのデメリットがあって当然なのです

 

あなたにとって、どのデメリットであれば、納得できるか

安い理由を把握した上で、それがあなたにとって致命的な理由でなければ

あなたにとっての掘り出し物件になると思います。

 

インターネットで物件探しが主流の時代です

売る立場の不動産会社のサイトですから

デメリットまで書いてあることはありません(売主さまの手前、書けません)

 

ですので、あなたからデメリットを聞く姿勢が大切です

そして、もっと大切なのは

きちんとデメリットや安い理由を正直に教えてくれる頼れる担当者を見つけることです

 

誰でも手に入る情報はインターネットで十分ですが

大切な情報は最後は『人』が持っています

 

ラグビーワールドカップも残すところあと2試合

9月20日の開幕戦から、11月2日の決勝戦まで約1か月半

開幕戦の時点ではこんなにラグビー人気に火がつくとは夢にも思っていませんでした

 

期間中はたくさんの試合を見に行き、外国のサポーターとも交流を深め

また学生時代の後輩、先輩、同級生と再開したり、飲みに行ったり

ワールドカップを通して、楽しいことがたくさんありました

 

ラグビーの人気に火がついたことで、ラグビー界では当たり前の風習にも着目され

ノーサイド精神とか、ワンチームとか、ラガーマンの株も上がり気味でうれしいです

また、日本チームや日本人サポーターも世界から賞賛され

日本全体が少し元気になった大会でもあったと思います

 

もちろん日本人サポーターも素晴らしいのですが

私はこの大会を通して、海外の選手、そしてサポーターも

同じくらい素晴らしいと感じました

 

【相手を尊重する姿勢】

印象深い出来事は、日本が歴史的な勝利をした時

試合終了して大喜びしている日本人サポーターに相手チームのサポーターが歩み寄り

『congratulations』(おめでとう!)と祝福をしている場面をたくさん見ました

 

海外からお金も時間もかけて、自国チームの勝利を願い

さっきまで熱烈に応援していたサポーターが目に涙を浮かべながらも

相手チームサポーターを祝福する姿にはとても感動しました。

それと同時に自分も同じ立場になった時にはそのような姿勢で

相手サポーターを祝福できるか?とも思いました

 

相手を尊重するというのは

こういう自分が苦しいときにできるかどうかで

本物かどうかがわかるような気がします

 

たかがスポーツの大会ですが、このスポーツの根底にある文化や風習

それも自国だけではなく、海外の文化や風習も同時に体験できるワールドカップ

『四年に一度じゃない。一生に一度だ!!』のキャッチコピーにやられて

相当数試合を見に行きましたが、本当に良い体験をさせてもらっています

 

 

あとラグビーの人気が高まり、ラグビーの文化が褒められて

とてもうれしいのですが

ラグビー選手は基本的に野蛮人です。

高いレベルの選手はみんなどっかのネジが外れているような人間が多い印象(笑)

それじゃないと、あんな勢いでタックルいけないですよね

 

でも、野蛮人でもネジが外れていても、今の日本代表は本当にカッコいい!

選手も関係者も本当に命を懸けてこの大会に取り組んできたと思います

その凄味がにじみ出ていて、それが人気につながってるんだと思います

結果が出なくても十分素晴らしい彼らですが、やっぱり結果が出て良かった

 

この人気に乗じて、ラグビー人気が継続してくれることは何よりですが

そればっかりはわかりません

でも、この先もラグビーを応援していきたいと思います!

 

Page 1 of 3123

ページトップ