Page 1 of 212

不動産を売りに出すと、見てみたいというお客様が実際にあなたのお住まいを見に来ます。そんな時に『どう対応したらいいかわからない』『何を話せばいいかわからない』という売主さんはとても多いです。

 

ご案内の時にはお客様が単独で見にくることはなく

必ず不動産会社の営業マンが同行します。

 

なので、会話やセールスは営業マンに任せて売主さんはただ『いるだけ』というのも珍しいことではありませんが『もったいないなあ』と思います。

 

営業マンだってお客様同様、あなたのお家の中を初めて見る場合が多いのでお客様に満足する説明ははっきり言ってできません。

 

売主であるあなたが直接、ポイントだけ的確に伝えてあげるだけで

印象がグンと上がります。

 

具体的には『なぜ売るのか?』『ご近所の人はどんな人たちか』『目に見えない良い所』

この3点を伝えてあげるだけでいいと思います。

(最近では、地震や台風などの災害のときにどうだったか?も大切な情報)

 

この3点は買主様が物件を見るときに知りたいポイントなのです。

もちろんそれ以上話してはいけないということはありません。

 

これらのポイントは買主様とすると『聞きたいけど、聞きずらい』質問なのです。

 

聞きたいけど聞けないままで決断はできません。聞きずらいからこそ

こちらから伝えてあげれば安心感になります。

 

『変な理由で引っ越すんじゃないか?』『変な人は住んでいないか?』

なんて大きな買い物ですから誰でも気になりますよね。

そういう、知りたいけど知るすべがないようなことこそ、売主さんが伝えてあげるべき情報です

 

そんな買主様の不安を解消できるのは営業マンではなく売主様です。

営業マン任せにせず、積極的にそういった情報もお知らせしてあげましょう!

まず、家を売る時に重要なのが『客観性』

 

『客観性』とは「自分が買主だったらどう思うか?」「一般的にはどう見られるか?」

という視点でご自分のお家のことを考えることです。

 

言うのは簡単ですが、みなさん長年住まれた愛着のあるお家をいざとなると

なかなか客観視できないものです。

 

売主様と打ち合わせをしていても、良い点ばかりを強調されて、デメリットについては

『そんなの気にする人はいない』と目をそむけてしまう方はいらっしゃいます。

 

気持ちは痛いほどわかるのですが、デメリットの無いお家などありません。どう良い方へ解釈しようと相場価格は変わりません。それよりも、デメリットを客観視し、デメリットを補う販売方法を担当者と一緒に考えていく方がスムーズに売れます。

 

価格査定時にもきちんと正直にアドバイスしてくれる担当者ならいいのですが、

売主様に嫌われたくないがために、明らかに高額な価格を提示する営業マンもいますし

売主さんのイエスマンとして徹している営業マンもいます

自分の家を客観的に見る

というのは簡単に言っていますが、本当に難しいことです

 

そのために、いま戸塚区の売却事情がどうなっているか?

周辺ではどんな風に物件が売れているか?

需要はどの程度あるのか?

などなど客観視できるような客観的な根拠の提示が不動産会社には求められます

 

この客観視がまず売却を進める時に最初の一歩です

 

この客観視が無いと、どうなるか?

当然売れず、時間だけが経過し、結局は相場価格まで価格は値下がりしてきます。

 

そんな無駄をせず、スムーズに担当者と信頼関係の中で販売活動を進めるにはきちんと客観視できるかどうかがとても重要になってくるのです。

旭化成へーベルハウスの2世帯住宅のご紹介です

場所は戸塚区俣野町(ネオポリス分譲地内)で2980万円

外階段で完全に1階と2階が分離した2世帯住宅

物件の詳細は下記のリンクからもご覧いただけます

戸塚区俣野町 中古一戸建て 2世帯住宅 の詳細はこちら

このブログでは写真をたくさん掲載しながら、物件の特徴をご説明していきますね

 

まずは外観。ネオポリスの分譲地内で道幅もゆったり、南西道路なので、日当たりも良いです

 

お家の裏側というか横側から撮影した写真。

敷地もゆったりしていて、開放的な感じがわかると思います

 

お次は玄関先

門構えでお家の品格がわかります。立派な玄関周りですよね

 

 

まだ売主様が居住中なので、あまりたくさんお部屋の中はご紹介できませんが、水回りなどの一部をご紹介します。

トイレは手洗い付。お風呂は窓付き。

この辺が注文住宅っぽいです

 

これなんだかわかりますか?

電球みたいなのが、脱衣所にある暖房機

冬場の寒い脱衣所は危険なので、すぐに暖かくなる暖房機を設置しています

それとお隣、これは私も初めて見ましたが、ドライヤーです

珍しかったので思わず撮影してしまいました

 

 

 

キッチン周りも綺麗です。

リビングの一部もパチリ

このあたりから建物状態の良さをご想像ください。外壁リフォームなども含めて、こまめにリフォームを施しながら、丁寧に使われている様子が随所からうかがえます

 

次は外階段を上って2階のご紹介です。

2世帯住宅でも外階段で分離しているのはお互いの生活のプライバシーに配慮されていてとても良いと思います。『スープの冷めぬ距離』というのが理想的です

 

 

2階のお風呂も窓付き、そして脱衣所には急速暖房機が1階の脱衣所同様に設置されています

 

 

2階のベランダと、ベランダからお庭を見おろした風景

ベランダもゆったりしていますし、1階、2階、どちらもゆったりと開放的な生活できそうです。

 

最後にもう一度お庭

裏手には大きな書斎のような倉庫がついています

倉庫にしてもいいですし、お父さんの書斎や離れなどにも利用できます。

 

最後に間取図ともう一度外観

 

大きなお家です

建てた当時、おいくらくらい費用がかかったか、売主様にお尋ねしましたが、驚きの額でした

ヘーベルハウスさんですもんね、注文住宅ですもんね、2世帯住宅でこだわって建ててますもんね

ご興味のある方、お家の中をご案内いたします

ぜひご連絡お待ちしています

 

 

9月20日、日本対ロシア戦を皮切りに

ラグビーワールドカップが始まりました

開幕戦はもちろん、その翌日に行われた【ニュージーランド対南アフリカ】戦も見に行ってきました

 

開幕戦では、写真の松島選手が大活躍。第二の五郎丸になるんじゃないでしょうか?

そんな有名人候補と昔撮影した写真が出てきました

1年くらい前にとった写真ですが、この写真を見せた時は全くの無反応だった我が家の妻と子供達ですが、今では『松島くん、カワイイ!!』とか言って喜んでいます

ミーハーって幸せそうです・・・

他にも有名人との写真たくさんあります

まだ予選プールであと3選ありますが

ぜひあと2勝以上はしてもらって、目標であるベスト8に進んでもらいたい。

今の日本代表はそれを実現するだけの力があると信じてします!

 

21日のニュージーランドと南アフリカ戦は

新横浜の日産スタジアムで行いました。

観客数65000人くらい入っていたようで、様々な人種の人が入り混じってとても良い感じの盛り上がりでした

事実上の決勝戦と言われるほどの好カードを

私は戸塚から原付バイクに乗って見に行きました

 

自宅から原付バイクで20分超の距離で、超人同士の戦いが見れる

ニュージーランドのハカ(試合前の儀式)が見れる

こんな幸せってあるでしょうか?

ここ数日は夢の中にいるようで、フワフワとしています

 

それともう一つ幸せなのが、家に帰ると妻や子供たちがラグビーの事をいろいろ質問してくれること

ラグビーの試合を見て一喜一憂しているのは、今まで私一人でしたがこれを共有できる喜び。最高ですね

にわかラグビーファンのみなさんも遠慮はいりません

ラグビー経験者は、マイナースポーツ特有の経験者同士でしか盛り上がれないことに不満を感じています

ちょっと質問してあげれば、喜んで10倍になって説明してくれます

 

11月2日が決勝戦。それまでの約6週間

チケットはもう取れないかもしれませんが、パブリックビューイングとかも盛り上がります

この一生に一度のお祭りを、ぜひ皆さんにも楽しんで欲しいです

 

戸塚区鳥が丘 中古一戸建て(平成24年築) 3280万円のご紹介です

物件の詳しい情報はここをクリックでご覧ください (物件ページへ移動します)

 

(物件を写真付きでご紹介していきます)

 

建物の外観はこんな感じ。見ての通り、とても綺麗な築浅住宅です

道路も約8mの幅があり、ゆったりした幅員

なので、車の駐車もストレスなく駐車できそうです

 

ご存知の通り、鳥が丘の町並みは『The 閑静な住宅街』

売主さんが購入した際の決めても、環境と学区の評判、雰囲気などの環境条件だったそうです

 

設備もまだ新しく魅力的です

キッチンはアイランド式の開放感あふれるタイプ

造り付けの食器棚もついていますし、食洗機もビルトインされてます

そして床暖房

浴室乾燥機

 

お風呂にはテレビもついています

野球好きの人はナイターなんか見ながらビールでも飲んだら

最高でしょうね

 

 

次はリビングにいきます

おしゃれなダウンライト、なんというか明るくおしゃれな雰囲気が漂っています

キッチン作業しながらも気持ちよさそうな開放感ですね

 

その他の場所もとても綺麗

築年数が浅いとはいえ、ここまで綺麗に使うのは大変だと思います

売主さんが丁寧に大切に使ってこられたのがよくわかります

ここまで写真をお見せしながら

物件の特徴をご説明してきました

建物の状態は開放感はお伝えできたと思いますが

なんといっても、この物件の最大の魅力は『環境』です

建物は利用すれば古くなっていきますが

鳥が丘のこの環境はナニモノにも代えられません

 

通常は都市計画法等で最低敷地面積が定められているため

コンパクトな土地が少ない鳥が丘エリア

そのためどうしても新築や築浅の物件は高額になってしまいがちですが

この物件はその鳥が丘のなかでもコンパクトな土地のため、若い世代の方がお求めやすい

価格で販売できています

空室になっていますので、実際にお家を見てみたいかたはお気軽にご一報ください

この物件の詳細ページはこちらです

日本酒に凝っていて
雑誌なんかで特集しているとその雑誌を買ってしまうのですが

味なんかほとんど見分けがつかないけど
なんか紹介されているお酒を買いたくなってしまいます

ただ雑誌で紹介されているような日本酒は
普通の酒屋さんやスーパーに行っても
あまりおいていないことが多く
そんな時に見つけた戸塚の酒屋さんです

(モディにも支店があるようですが、そちらはワインにこだわっています)

あれも、これもと
見たことのある日本酒がたくさんあり
きちんと保存してある点もとても信頼がおけます

蔵元から直接仕入れているらしく
味の特徴なども聞くと、わかりやすく答えてくれます

日本酒っていうと、『二日酔いしやすい』『悪酔いする』
などのイメージが強いようですが
ちゃんとした製法でつくられた日本酒は
飲み心地もすっきりとおいしいし、悪酔いもしないようです
(これはマンガ美味しんぼの受け売り)

日本酒以外にもワインや焼酎など
珍しく、とてもおいしい商品が多数ありますので
私のように形から入るのが得意な方
また本格的に凝っている方
どちらにも楽しい店内です

===================
込山仲次郎商店
横浜市戸塚区矢部町39-1
045-864-8467
===================

『なんで戸塚区専門なんですか?』
『戸塚って住んでいてどうですか? おススメですか?』
お客さんにもよく聞かれます

そう聞かれることで、私自身も『なんでだろう?』と考えるようになり
いくつか自分なりにその理由を整理してみようと思いました

まず1つ目は
『老若男女、入り乱れているところ』
戸塚の駅を降りると、子育て中のママ達、お仕事中のサラリーマン、ご年配と方々と
じつに様々な年代の人たちがいます。個人商店が多いのも魅力
なんだかそんな多様性のある雰囲気に駅を降りるたび、ホッと心が落ち着きます

2つ目は
『遊ぶのに便利な立地』
休みの日には常に遊びに行きたい私には
横浜駅まで1駅、鎌倉まで3駅、電車移動だけでなく、車でも海方面にも都会方面にも
すぐたどりつけます。元々埼玉の田舎出身なので、この立地は最高!

3つ目は『気取らない雰囲気』
なんとなく、ハイソな雰囲気が苦手で、住む町の基準は『寝巻のまま出歩けること』
実際には出歩かないのですが、垢ぬけ無さや田舎っぽさが私にはとても魅力
あと柏尾川などの雰囲気も大好きですし、こんな便利な場所なのに蛍が見れたりって
とても貴重な町だと思います

それ以外にもあげるときりがないほどですが
大きくはこの3つ
皆さんもどれか私に共感できる点ありませんか?

当社からすぐ近くて、前を通るたびに気になっていた『まぐろや』さん

まぐろのみそ漬けだけで勝負している潔さから
よっぽど味に自信があるんだろう、食べてみたいと思っていました

意を決して、お店の前に行くと
おばちゃん達がたむろしていて
どこかへ郵送で送る手続きをしていました

自分の親戚か何かに何枚も送ってあげているようで
私の期待は一層高まります

まぐろ、中トロ、大トロの3種類があって
一番高い大トロを選ぶ(私の悪い癖です)

初めてなので、調理方法をお店の人に聞くと
たむろしていたおばちゃん達がお店の人の代わりに
調理方法やら食べ方やらを事細かに教えてくれました

『とになく味噌がおいしいのよ!』

教えてもらった通りに
アルミホイルに乗せて、フライパンでゆっくりと焼き
一口食べると、おばちゃん達の言葉にふかーく共感

本当に味噌がおいしい
もちろんマグロ自体もすごくおいしいのですが
お味噌とマッチして、何倍にも美味しくなっています

何でいままで素通りしていたんだろうと思うほどでした

今度はマグロと中トロを購入します
これからの時期に鍋とこのマグロ味噌漬けで
日本酒をチビチビやりたいものです

特に売却の相談の時に相続に関する相談が増えています
そこでまだ大々的にではないのですが、相続のアドバイスをする場を設けましたので
『誰に相談すればいいの?』という方は
お気軽にご相談ください

Page 1 of 212

ページトップ