住み替えたい人のQ&A

日々のお手伝いの中で、実際にお客さんからよく聞かれる質問をまとめました。事務的な回答ではなく、皆さまの立場にたった役立つ回答を心がけています。

住み替えたい人のQ&A

住み替え相談室

住み替えたい人のご相談を紹介

他のみんなもあなたと同じような疑問や不安を持っています。
実際のお客様とのやりとりをかなり短く凝縮していますが、ちょっとでも参考になる要素があるかもしれません

代表の高鳥にメールで相談してみる

住み替えってどういう意味?
+

『ご自宅や所有不動産を売却して、新たに不動産を購入する』ことをこのHPでは
住替えと言っています。本当の広義な意味では、賃貸住まいからマイホーム購入も住むところが替わるわけですから、住み替えっていうかもしれませんが、不動産業界(特に売買)では当社と同じような意味で住替えと言っていることが多いです。

買いたい物件があり住み替えを考えはじめました。どう進めればいいですか?
+

まずは自宅がいくらくらいで売れるのかを査定してもらいましょう。その時にはなるべく一括査定などを利用せず、ちゃんと不動産を見てもらい、本当に売れそうな価格を教えてもらいましょう。売主さんの気を引くために、ちょっと売主さんが喜ぶような高めの査定をする会社もあるので、売れる確率が高い価格を聞くようにしましょう。買いたい物件がすぐに売れてしまいそうな物件の場合には、『買取』の価格も出してもらうようにしてください。

売るのが先? 買うのが先?
+

住宅ローンの有り無しや、売れたお金でローンを完済できるかどうかや、
資金計画や、その他諸々の条件によって変わってきますので、まず不動産会社に声をかけて、ご自分の状況では希望通り住替えの進め方が可能なのかを相談してください どちらもメリットとデメリットがありますからよく理解してマイナス思考で計画を立てることが大事です。

査定額よりも住宅ローンの残債の方が多い場合でも大丈夫?
+

『住替えローン』と言って、自宅を売ってもローン完済に足りない分の費用と、購入物件の価格分や諸費用なども合わせて貸してくれるローンを各金融機関が用意しています。住替えローンは、通常の住宅ローンよりも審査基準が厳しかったり、制約が多かったりしますから、『たぶん通るだろう』とプラス思考で考えず、なるべく事前審査などやっておくほうがいいです。

先に自宅を売る場合のメリットとデメリットを教えてください
+

売却を先にするメリットは『納得のいく価格で売れる』ということ
また売却額が確定することで、資金計画も正確に立てやすいということも言えます
逆にデメリットは、売れてから購入物件を契約するので、本当に見つかるかどうか不安なこと。ローンの完済ができれば、売却後、一旦賃貸に仮住まいするという選択肢もとれますがもとれますが仮住まいの手間と費用がかかります。 このデメリットを少しでも少なくするために、売却期間中も物件をしっかり探したり
契約から引き渡しまでの期間を買主様に長くもらえるよう交渉したり
といった工夫が必要になってきます。

先に購入物件を探す場合のメリットとデメリットを教えてください
+

メリットとしては、『納得のいく物件を見つけられる』ということです。
現在の住まいが売れてしまってから急いで物件を探すのではありませんから、精神的にも少し余裕をもてます。
デメリットとしては『売却価格が相場より安くなってしまう可能性が高まる』ということ
通常は購入物件のお金を支払う時までに売れていないといけませんから、売却を大急ぎで
しないといけなくなります。もし購入物件の支払い時期までに売れないと、最終的には買取りとなり、相場よりも安価になってしまう可能性もあります。ただ、人によっては ローンの二重支払を銀行が認めてくれることがありますので、まずは購入物件を契約する前に資金の流れの目途をつけておきましょう

今の家を買う時にローン審査が通ったから、今回も大丈夫じゃないの?
+

現在のマイホームを買う時に住宅ローンの審査に通ったからといって
今回の住み替え時に同じように審査に通るとは限りません
数か月単位で住宅ローンの審査基準は変わっていますので
つい数年前にローンが通ったことがあっても、それをそのまま当てにしてはいけませんね 特に注意が必要なのは
・現在の住宅ローンで一度でも支払いに遅れがあった場合
・今回住み替える物件が、現在の自宅の価格よりも安い場合
・転職をしていたり、住宅ローン以外に借入がある場合
・今回の住み替えにあたって頭金をほとんど準備しない場合
このようなケースに一つでも当てはまる場合には特に注意が必要です
当てはまったからといって、住宅ローンが借りられない訳ではないのですが
一度、事前審査など金融機関への打診をするのが望ましいです

住み替えローンと、普通の住宅ローンはどう違う?
+

現在の住宅ローンが全て完済できれば普通の住宅ローンが利用できて、家を売っても完済できない場合には住み替えローンになります。言葉をわかりやすく使い分けているだけで金利などは変わることはあまりありません。しかし審査の基準が住み替えローンの方が少し厳しかったり、貸出条件の制約が少し増えたりと、借りやすさが少し違います。

住み替えを考え始めました。まず何からすればいいですか?
+

まずは希望通りの住み替えができるのか、できないのか、現状を整理して、現実的な計画を立てることからです。それはネットの情報や誰か他の住み替えた人の情報でわかったつもりになっていてはかえって間違った計画を立ててしまう事もあります。 住替えは本当に十人十色で一人一人みんな違います。ですから、当社の『住替え診断』に まずは予約しましょう。
宣伝みたいになってしまいましたが、当社じゃなくてもまずは相談しやすいと思う 不動産会社に相談をすることからスタートが良いです。

ページトップ