売却サポート

戸塚区不動産センターの
売却サポート

あわてない、ムリしない、急がないマイホームへの道のりはマイペースで

当社は親身でアットホームなだけではありません。戸塚区専門にしているのは、お任せいただいた不動産を確実に売却するためでもあるのです。
そんな当社の頼りがいのある販売力のことについてご覧ください

皆さんの不安を解消します。

専門家の親身なサポートが必要な方のための不動産会社です。当社ならではの強みや実績をご紹介いたします。

家売るおじさんの売却事例

-物件が違えば、売り方も違う。売却実例実況中継!-

家が建てられない土地

建築基準法では

敷地が道路に2m以上接していないと家は建てられないことになっています

 

それ以外にも家を建築するためには様々な条件があって

条件を満たしていない物件は『再建築不可物件』と言われています

 

そういった『再建築不可物件』は当然通常の物件に比べて価値が低くなります

買う人の立場になって考えればわかりますが、建物が建たない土地を買っても

駐車場や資材置き場などにしか利用できません

また、家が建っている再建築不可物件も、建て替えができませんから

建物の築年数が古ければ普通は敬遠されてしまいます

 

今回の売却依頼主A様の物件はこの『再建築不可』物件

 

『買う人は本当にいるんですか?』

『価格はいくらでもかまいません、横浜市に寄贈できるなら、寄贈してもいいです』

『とにかく相続したこの物件を早く処分したい』

 

そんな感じのA様にまずは『売れないことはない』という事を告げ

気を落ち着けてもらいました

 

再建築ができなくても、資材置き場にしたり

駐車場にしたり、建物があればリフォームして賃貸にしたり、居住したり

そういったニーズは一定数あります

 

確かに一般のお客様(普通にマイホームを探しているお客様)に買ってもらうのは

難しいですが、その土地に隣接している所有者や、投資家、不動産業者などのプロ

などにアプローチすれば、売れるだろうという事をご説明しました

 

実際の販売活動も、まずは物件の隣接地の所有者へ会いに行き

『隣地を買いませんか?』と営業しました。

 

『隣の土地は借金してでも買え』と昔の人は言ったもので

隣の人が買うと、再建築不可の土地が、再建築できる大きな土地に変わることも多く

一番良い決着方法なのですが、隣接所有者がすぐに買える状態であるとは限りません

今回も営業はして興味を持った方がいたものの、成約には至らずでした

 

その次には、不動産業者へ紹介、と同時に投資家の方にもアピール

 

不動産業者も投資家も自分が居住する訳ではありません

リフォームして再販売をしたり、賃貸で賃料収入を得たりということが

目的ですので、いくらで売れる? いくらで貸せる?

という出口から逆算をして買える価格を算出します

 

ですので、戸塚区専門である立場を活かし

この立地で賃貸に貸した場合、どのくらいの賃料が見込めて

どれくらいの需要がありそうだというシュミレーションをし

それを投資家の方や不動産業者へ提示しながら販売を続けました

 

それでもすぐには結果が出ず1か月が経過しましたが

一人の投資家の方が、購入を決断され成約に至りました

 

投資家の方は日を変え、時間を変え、資料を元に駅から歩いてみたり

駅から物件までの人の流れを観察してみたりして

1か月間、真剣に検討してくれていたようです

 

タダでも良いと言っていたA様も

『買い手が現れましたよ!』という私の報告を聞いてとても喜んでくれました

 

 

【今回のPOINT】

 

・家が建てられない再建築不可の物件でも、買い手はいるので諦めないで

 

・買い手の立場に立って、どんな目的で購入するのかを考え

それに沿った資料や提案をすることが大事

閉じる

ご近所に知られたくない!

売主様から『近所の人たちに知られたくない』と言われることはよくあります

 

同じような要望でも温度の違いは人それぞれで

『絶対に知られては困る!』という方もいれば

『できれば知られたくない・・・』という方もいます

 

今回は『絶対に知られたくない』というK様のマンションの売却のお話しです

 

売却する以上、販売活動をするのが一般的です

・チラシ ・インターネット広告 ・業者間の情報共有 ・その他諸々

こういった媒体で販売活動をするのですが

『できれば知られたくない』という方の場合はチラシをやらない事が多いです

 

チラシと言うのは不特定多数の人の目に触れてしまうので

同じマンションの人や近所の人が見れば『○○さん家、売りに出してるわよ』と

噂になってしまうこともあります

 

インターネット広告は、基本的には『不動産を探している人』が

検索をして閲覧するタイプの広告なので、冷やかしの人が見る機会は少なくなります

ご近所に知られてしまう可能性はチラシに比べるとかなり低くなりますが

それでも知られてしまう可能性はゼロにはなりません

 

そして今回のK様は『絶対に知られたくない』という強い希望だったので

チラシもインターネットもできません

 

そんな時の販売方法は、【当社とお付き合いのあるお客様に直接お知らせ】

これだけです

 

販売する立場としては、とても制限が多く、売りづらい状況です

しかし、今回のK様のマンションはとても需要が多い人気マンション

当社のお客様でも希望に合いそうな方がすぐに10名以上頭に浮かびました

 

一人一人に電話やメールなどで『○○マンションで売り物件が出ました』と個別で紹介していったところ、そのマンションを探していたお客様が無事に購入してくれました

ただ、今回のようなケースは稀で

現在のような買い手市場では、あまり期待できないケースです

人気マンションだったからこそできた販売手法です

 

じゃあ、人気物件ではない場合、どうするのか?

そういうケースでは『業者買取』という方法もあります

 

価格は通常通りに売る場合に比べて、安価になってしまうことが多いですが

それでも近所に知られたくないという場合

個人のお客様ではなく、買取業者に買ってもらうということも可能です

 

まずは自分の希望を不動産会社の担当者に伝えて

意に沿った売り方を選択しましょう!

 

【今回のPOINT】

 

・近所に家を売っていることを知られたくない場合

 どの程度強い希望なのかを、しっかりと営業マンに伝えましょう

 

・販売手法が制限されればされるほど、売れる確率も少なくなっていきます

 

・不動産会社によって、すでにそのエリアの物件を探している購入希望顧客と

 付き合いがたくさんある場合もあるので、そういう不動産会社を選ぶことが大事

 

・ご近所に絶対に知られないで売りたい場合でも、売れないことはない

 業者買取という手段も視野に入れること

閉じる

こだわりが随所に見られる注文住宅

約20年前に大手ハウスメーカーで建てた注文住宅

お家に入ってすぐに『あー、これはだいぶお金がかかってるな』と思いました

 

建売住宅の建物価格は1500万円くらいの価格帯が多いですが

今回依頼されたこの注文住宅は新築当時の価格は約3500万円

 

廊下の幅や玄関周りもゆったりしていますし

水回りなどの設備、窓などのサッシ、屋根材や断熱材など

随所に売主さんのこだわりが入ったとても立派なお家

 

新築価格が倍以上もするのに、普通の広告だけで広告しても

そのこだわりや、他の建物との違いがあまりアピールできませんから

もったいないと思いました

 

セールスポイントなどは長めのコメントを書けますが、写真などに比べると

言葉での表現というのは書き手のセンスにもよりますが伝わる情報量は少ないです

 

広告媒体にもよるのですが、写真の点数や表現など

細かなルール、法律などもあって、建物の違いや詳細をアピールしたいと思っても

思うように表現できない媒体が多いのです

 

そこで、今回のお家の売却活動には【ブログ】を有効に利用しようと考えました

 

ブログは写真の点数なども多く掲載できますし、その写真にコメントも自由に書け

詳細な説明をすることができます

 

読者の視点に立って、実際に物件の見学を疑似体験できるような

ストーリ仕立てで表現することも大事だと考え、その点も意識してブログを書きました

 

また、ブログは書いただけでは意味が無く、見てもらわなければなりませんので

見てもらえるような工夫もたくさんしました

 

その甲斐あって、ブログを見てくれたお客様からの案内予約があり

1件目のご案内で成約

お家が素晴らしいので、見学があれば決まるだろうなと思っていましたが

その通り、買主様も現地を確認後すぐ申し込まれました

 

また買主様が言っていたのは

ブログで詳細が把握できていたので、見学に行く前にほとんど買おうという考えが

固まっていたそうです

 

 

【今回のPOINT】

 

・物件の特性を考えて適切な媒体を利用することが大事

 

・アピールポイントが多い物件はブログを活用すると効果的なことが多い

 

・ブログは情報量が多いので、買主さんにとっても判断する上で便利

 疑似物件案内の効果がある

閉じる

家売るおじさんの売却事例を見る

ページトップ