売却サポート

戸塚区不動産センターの
売却サポート

あわてない、ムリしない、急がないマイホームへの道のりはマイペースで

当社は親身でアットホームなだけではありません。戸塚区専門にしているのは、お任せいただいた不動産を確実に売却するためでもあるのです。
そんな当社の頼りがいのある販売力のことについてご覧ください

皆さんの不安を解消します。

専門家の親身なサポートが必要な方のための不動産会社です。当社ならではの強みや実績をご紹介いたします。

家売るおじさんの売却事例

-物件が違えば、売り方も違う。売却実例実況中継!-

『もう いくらでもいいです』

駅からはバス便でバス停からも結構歩く

築年数はもう40年でリフォームもしていない

土地面積も小さく、形もあまりよくない

おまけに道路との高低差もあり、玄関まで階段が数十段

 

こういう物件を相続で所有することになったA様

 

手持ちのお金が無いので、売却にあたってそのまま売れないか?

という相談です

 

『悪条件の物件なので、お金がかからず売れるのであれば

もういくらでも良いので、来月までに売って現金化したいです』とのこと

 

不動産を売るときには通常諸費用がいろいろかかります

・仲介手数料

・測量費用

・不用品の片付け費用

・登記費用

・印紙代

などが代表的ですが、状況によっては別にかかってくるものもあります

 

このうち、仲介手数料、印紙代、登記費用は売却が完了した後に払うので

売れない場合はかかりませんが

測量費用や不用品の片付け費用などは作業が終わるとそれぞれ費用がかかります

 

今回のA様の場合はこの費用が出せないということなので

売主の責任で通常は行う、測量と不用品の処分を免除してくれる買主を

探してほしいという要望ですが、これは至難の業です

 

だって自分が買う立場だったらと想像してみてください

面積や境界も明確でない、売主の荷物が残されたまま

こんな状態の物件を買う人っていますか?

いたとしてもそのリスクの分以上に、価格が安くないと買いませんよね

 

それをA様に説明したところ

『どれだけ安くなっても良いので、その条件で探してみて欲しい』とのこと

 

個人のお客様もですが、こういう物件を買ってくれるのは業者さんの方が現実的

業者さんはリスクも費用で換算しますから、安く買えるのであれば

リスクは喜んで請け負ってくれることが多いです

 

売却期間も少ないので早速調査後資料作成し、業者さんに紹介しましたが

さすがに悪条件が重なっている物件だったので、なかなか興味を示してくれる

業者さんが無かったのですが、1社だけ手が挙がったのでその会社に買い取って

もらいました。

 

無事にA様の要望は叶えられましたが、当社の仲介手数料はというと

物件価格が極めて安価なため、それに応じて仲介手数料もだいぶ安価です

 

それでも喜んでいただけたので良かったですが

現在日本の地方ではこの問題が顕在化されています

 

価格が安すぎて、取引しても仲介手数料は少ししかもらえない物件は

不動産会社からも敬遠されてしまうので(手数料が安いのに手間が大きいので)

扱ってくれる不動産会社が見つからないという問題が増えています

不動産会社はあくまでも物件価格の3%+6万円までしか報酬をもらえません

これを物件の価格によって変えられるようにしなと、結果、所有者である売主様が

物件を売却できずに困ってしまうという事態になりますので

早く法整備をお願いしたいところです

 

【今回のPOINT】

 

・物件売却にはいくつか諸費用があり、それぞれ支払い先によって支払うタイミングが違う

 

・間口は狭くなるが、売主の義務を免除してもらい売却する方法もある

 

・安い物件の取り扱いは不動産会社もやりたがらない。今後人口減少や空家問題で

 もっと安い物件が増えていくと、社会問題になる可能性もあり、法整備を期待したい

閉じる

新型コロナの影響 パート2

このコラムを書いているのが5月中旬で

ゴールデンウィークが終わったばかりの時期です

雰囲気としては、自粛ムードは続いていますが、そろそろ日常にも戻りたいと

気が緩み始めているような、そんな風に個人的には感じている今日この頃です

 

前回のコラムでは

コロナ中は何をやっても反響は見込めないので

物件価格の値下げや、各種お金のかかることは今はやらないほうが良いと

アドバイスさせていただきました

 

今回はコロナ後のことについて少し私見を述べたいと思います

 

引き続き、コロナの影響下が続いていて、不動産市場もほぼストップ状態

問い合わせや、見学予約もゼロではありませんがかなり限られております

 

この状況がいつまで続くのかは全くわかりませんが

いつかは必ず終わります

第2派、第3派と、さらに深刻になってくる可能性もありますが

それでも必ず終息するはずです

 

ではコロナ騒動が終息したその後はどうなるのか?

 

今までの鬱憤を晴らすかのように経済は反転し

好景気になっていくのか?

それともコロナで大打撃を受けた経済がその影響を引きずり大恐慌になるのか?

 

私はどちらかといえば、悲観的に考えています

 

大恐慌とまではいかないかもしれませんが

不動産市場が好景気になる要素はほぼ皆無と言える状況だと考えます

(あくまでも不動産市場についてのみの見解です)

 

一時的には、コロナ中に動けなったお客様が一気にコロナ後動くことは想定できます

ただ、それがいつまで続くのかと言えば、一時的に終わるのだと思います

理由は簡単で

コロナよりも不動産市場にとってもっと大きな問題

『人口減少』があるからです

 

人口減少はまだ気にしている人はあまり数多くいませんが

着実に毎年人口は減っています。

これは変えようのない事実です

 

物件はこの人口減少によって確実に余っていきます

今でもすでに空家問題が顕在化されていて、それは今後も確実に進んでいきます

これは私の考えとかではなく、そうなることが決まっている構造の問題です

 

物件が余るのに、物件の価格が上がるというのはどう考えても

あり得ません。駅前などの希少性のある立地の物件は根強く人気が下がらない可能性は

十分ありますが、人気の無い物件がどれだけ悲惨な状況になるのかは

あまり想像したくないほどです

 

さらに、コロナで打撃を受けた経済がコロナ後により悪くなってしまうと

住宅ローンが払えず家を手放す人も増えてくる可能性も大きく

そうなればより悪影響に拍車がかかります

 

お先真っ暗のような話ばかりですが

難しく考えず、普通に考えればそうなるのではないかと思うのです

 

人間の世界ですから、何が起きるかわかりません

奇跡が起きて、好景気になればそんなに良い事はありませんが

個人的には奇跡を当てにして、人生を設計したくはありません

 

なので売却を考えている方

いつかは売却するが時期を見極めている方

売り時の見極めは早めにしてください

 

株や為替などもそうですが、みんなが『売り時だ!早く売らなきゃ』となってしまったら

時すでに遅しです

 

そうなる前に動かないといけません

『不動産を持っていれば、いつかは価格が上がるかも』

『いまが最悪な状況で、売り時ではない』

 

そう思われている方もいると思いますし、私の考えが間違っている可能性もあります

どう捉えても自由ですが、人はみな自分のことになると都合よく考えるものなので

あえて私の客観的な考えを述べさせていただきました

 

 

【今回のPOINT】

 

・コロナ後の不動産市場は一時的に回復する可能性はあるが

 中長期的に好景気になる要素は見当たらない

 

・コロナよりも人口減少問題のほうが不動産にとっては影響大

 

・売却の時期を見極めている方は早いほうが良いと言いたい

閉じる

新型コロナの影響

このコラムを書いているのが4月初旬

志村けんさんがお亡くなりになって、都心での感染者が日ごとに急増し

いつ首都封鎖が発令されるのか?

そんな雰囲気の中で書いたコラムです

 

飲食店やバー、ミュージシャンなどに大きな影響があることは

テレビでも報道されておりますが

不動産売買の市場にも大変大きな影響が出ております

 

それはそうです

こんな緊急事態の中、家の売買をする方というのは

この時期に売買をしなければならない事情のある方だけです

 

『いつか買おう』『そろそろ考えよう』

という今の時期でなきゃいけない人以外は

あえてこの時期に物件を見に行ったりするというのは普通に考えたらありません

(もちろん、どんなときにも例外はありますが)

 

そんな時期に不動産を売るというのは

はっきりいって難しいです

不動産会社の力や小手先でどうにかなるようなものではありません

 

もちろん、絶対に売れないという訳ではありません

そんな状況でも、探しているお客様の条件にぴったりであれば

売買が成立することは当然ありますが

言いたいことは『何かを仕掛けて、対策して売れるということは難しい』ということです

 

例えば、価格を下げる、部屋をリフォームする、クリーニングする

こういう事を新型コロナの影響下でやってもあまり意味がないということです

売れない理由は価格でもないし、室内の状態でもなく、新型コロナの影響で

家を探している人の動きが一時的にほとんど停止しているからだと理解するべきです

 

じゃあ物件が売れないのに、何もせずジッとしているしかないのか?

と思われるかもしれませんが

私はその通り、ジッとしているしかないと思います

 

コロナの影響はそれほどまでに大きいと感じます

 

売却中の物件の販売を中止する必要はありませんし

これから売却をするのであれば販売をスタートしても良いと思います

でも、そういう厳しい現状だということを理解し、なるべくお金がかかるような

大事なことはこの時期は避けたほうが得策です

 

そうは言っても、急いで売りたい方、この時期に売れなければ困る方もいます

そういう方は、残念ながら大幅に価格を下げ買取りしてもらうしかありません

この時期は買取会社もなかなか良い価格をつけてくれませんが

それでも安ければ買い取ってくれます

想定よりも安くなってしまうことが受け入れられれば、そういう方法で売れます

 

なんども言いますが、コロナの影響は本当に大きいです

東日本大震災の時にはこういう影響が3か月くらいありました

今回はどれくらい続くのか現時点ではまったく予想もできません

 

しかし止まない雨はありません

止んだあとの事、今できる事、そういう事に着目し行動していきましょう

 

【今回のPOINT】

 

・4月初旬時点で新型コロナの不動産売買市場への影響は大きい

 

・お金がかかるような対策や値下げはコロナの影響下ではやめておくのが得策

 

・急ぐ方は価格が安くなってしまうのが受け入れられれば買取で売れる

 

・コロナの影響はいつかは落ち着く、落ち着いた後のことを見据えて

不動産会社はできることをやっていくのが大事

閉じる

家売るおじさんの売却事例を見る

ページトップ