売却サポート

戸塚区不動産センターの
売却サポート

あわてない、ムリしない、急がないマイホームへの道のりはマイペースで

当社は親身でアットホームなだけではありません。戸塚区専門にしているのは、お任せいただいた不動産を確実に売却するためでもあるのです。
そんな当社の頼りがいのある販売力のことについてご覧ください

皆さんの不安を解消します。

専門家の親身なサポートが必要な方のための不動産会社です。当社ならではの強みや実績をご紹介いたします。

家売るおじさんの売却事例

-物件が違えば、売り方も違う。売却実例実況中継!-

売却時の荷物の片付け

相続をした不動産の売却

利用しなくなった空家の売却

長年住んだ一戸建ての売却

 

こういった状況で売却する方の多くが頭を悩ますのが

『荷物の片付け』

 

「家を売る前に荷物をどうにかしなきゃ・・・」

そう思って途方に暮れている方が多いと感じます

 

当社では便利屋事業も行っていますので日々の売主様とのお付き合いの中で

この辺りの売主様の気持ちや悩みが実感としてわかります

 

『親(配偶者)の荷物を処分するのに気持ちの整理ができない』

『兄弟間(相続人間)で意思がまとまらない』

『全部捨ててしまうのはもったいない、売れるものなどは売ってから処分したい』

 

悩みも人それぞれですが

気持ちの問題、お金の問題、共有者間の問題

大きく分けるとこの3つになるのかなと思います

 

それはさておき、荷物の片付けに困ってなかなか不動産売却の相談ができなかったA様

ご主人が半年前にお亡くなりになり、相続した広すぎる我が家を売却し

コンパクトなマンションに引っ越したいということ

 

便利屋もやっている当社に相談したのは

やはりこの荷物問題があったからとのこと

 

『家を売り出すまでに荷物を片付けなければいけないのか?』

『処分するとしたら、いくらくらいかかるのか?』

『必要なものと、そうでないものの区別は自分のペースでできるか?』

『また、そういった作業は自分一人でやらなければならないのか?

手伝ってもらえないか?』

 

このような悩みでモンモンとしていたA様

初めてお会いした時には、早口で一気に質問攻めにあいました

お話をお聞きした上で、一つ一つ状況と希望を確認

 

できること、できないこと

費用やスケジュール

これを明確にしました。だいたいお話を初めて1時間くらいの時間でしたが

A様は今までのモヤモヤが晴れたように、とてもすっきりした表情になっていました

 

『もっと早く相談すれば良かった。聞けば答えがすぐでたのに』

 

しかし、お金の問題だけなら見積もればすぐ答えがでるので簡単ですが

気持ちの問題や共有者間の問題などはやはり時間がかかるもの

業者に急かされて、余裕のないまま進めたくないものです

だから皆さん、相談や見積もりが後周しになることが多いのです

 

当社へ相談される方もそうですが

みなさん、見積もり=仕事の依頼 と思っているかたが多いですが

見積もりは最初の相談の場であり、次のステップへの一歩だと捉えてください

第三者の専門家に気がかりを話してみることで

あっさりと道が開けることがよくあります

 

便利屋の宣伝のような文章になってしまいましたが

少なくとも当社では、そういう役割のお付き合いをしていきたいと思います

 

【今回のPOINT】

 

・荷物の片付け問題で不動産売却の次のステップに進めない方が多い

 

・状況や希望を専門家に伝え、できること、できないこと、費用やスケジュール

 一つ一つ明確にしていくことが第一歩

 

・見積もり=仕事の依頼 と思わずに、まずは相談してしまうことが近道になる

閉じる

築年数による物件価値の違い

『築何年くらいから、家の価値は落ちるのでしょうか?』

『私の家は古いけど売れるでしょうか?』

 

このような質問がよくあります

 

どれだけ古くても、一戸建ての場合は土地の価値が残りますし

マンションで築40年、50年でも戸塚区内の物件の場合はちゃんと売れています

 

しかし、買主側から見れば、長く住むことを前提に物件購入するので

築年数というのは検討材料の大きな判断基準になります

 

では、買主目線で見た場合、築年数によって物件の価値が大きく変わるのは

築何年が目安になってくるのでしょうか?

 

一戸建て(木造)の場合は20年

マンションの場合(耐火住宅)は25年 です

 

それには理由があります

【住宅ローン控除】という国の税制優遇制度はご存知でしょうか?

 

マイホームを購入して住宅ローンを利用する方が利用できる制度で

ローンの借り入れ額等に応じて、税金が戻ってくる、ありがたい優遇措置です

 

この制度を利用するための要件に、〈購入する物件の築年数〉があり

それが上記の、木造20年、マンション25年なのです

 

マイホームを購入する方は当然この制度を利用したい

どうせ買うならお得な制度も使いたい

そう思うのが普通です

 

そこで希望条件に築20年以内、マンションなら25年以内と加えて

探している方が多くなっています

 

では、それ以上の築年数が経過している物件は価値が下がってしまうのか?

もちろん築年数が古ければそれに応じて価値は下がりますが

下がりづらくする方法はあります

 

それは『耐震基準適合証明書』を取得することです

 

先程の住宅ローン控除、基本的には木造20年、マンション25年以内の

物件しか利用できませんが、それ以上の築年数の物件でも

独自に建物の検査をし、一定の基準をクリアしていると証明できれば

制度が利用できるようになっています。

その証明書が『耐震基準適合証明書』

 

ですから、古くても建物の状態に自信がある場合、この証明書を取得することで

購入検討者にとって安心材料が提供でき、さらに制度の利用もできることを

アピールできるので、とてもメリットが大きいです

 

ただし、検査をしたものの一定の基準をクリアできない

ということもありますし、費用もかかることなので

まずは家の状態に応じて担当者と相談です

 

もし可能性があるようであれば取得して、ご自身の不動産の価値を高めたいものです

 

【今回のPOINT】

 

・木造は20年、マンションは25年が築年数で価値の違いがでる年数

 

・それを超える年数の場合は、耐震基準適合証明書の取得も検討

 

・全物件が耐震基準適合証明書を取得できる訳ではないので

 建物の状態によって、取得するかどうかの判断が必要

閉じる

コロナ禍での買取市場

以前にもコラムで書きましたが

長引くコロナ禍で不動産市場もいつもと違う動きが起こっています

簡単に言えば、一時的な売手市場

バブル以降、ずっと買手市場が続いていたのが、一時的に売手市場が訪れています

(※詳しくは 『いつもと違う。コロナ禍の不動産市場』もご覧ください)

 

今回はそんな一時的な売手市場で起きてる現象の一つをご紹介

 

A様は当社に依頼される前に約2年間、いろいろな不動産会社で

売却活動をしましたが、物件が売れませんでした

 

価格は2500万円

案内も無く、周りの相場もどんどん下がっている状態でした

 

一時は諦めて、売却活動を中止していましたが、やはり住み替えを諦めきれず

再度チャレンジしたいと当社にご依頼されました

 

以前、売却活動をしていた時には、あまりにも売れない期間が長かったため

最終的にいくらだったら買ってもらえるのか?

業者買取の価格も調べたところ、販売価格2500万円に対して

買取価格は1800万円程度

 

そう、買取りは通常、相場価格を大幅に下回ります

私の感覚では1800万円でも、買取にしては良い価格だなあと思っていました

 

今回、当社が売却のお手伝いをするに当たっても

最終的なセーフティーラインを知るために買取価格を出してもらいました

 

すると、ほとんどの会社はやはり以前と同じ1800万円前後の価格でしたが

2社が2200万円という価格を提示

A様に伝えると、喜んで『それで契約します』ということ

 

こういう現象がここ数か月でA様だけではなく他にも数件ありました

現在、土地、一戸建て、マンション

特に土地が顕著ですが、売り出し物件数が少なく

一般のお客様だけではなく、建売業者、買取業者など

業者さんたちの物件仕入れ困難が続いています

 

業者さんたちは売る物件が無ければ商売になりません

不動産の仕入れができなければ事業が止まってしまいます

 

『コロナ過だから仕方ない、我慢しよう』と

ジッとしていられる業者さんもいれば

『仕入れができなければ、給料も払っていけない』と

危機感をつのらせている業者さんもいます

 

プロですから、価格について安い高いはわかっています

この長引くコロナ禍の売り手市場で高いとわかっていても

会社の事情で不動産を仕入れる業者さんが増えていると実感しています

 

A様の場合は、売れなった2年間という経験がありましたので

買取業者の2200万円という提示額がどれほど特殊な額かがすぐに理解できました

 

しかし、初めて売りに出す方であれば

あくまでも売出価格は2500万円、買取価格は2200万円

『そんなに値引くなんてありえない』と思う方もいると思います

 

その辺の判断は、物件の個別性が高いので、誰しもが良い価格の買取提示を

受けたほうが良いという事ではありません

しかし、現在のコロナ禍で起こっている特殊な状況の一つとして

こういう現象が限定的にあるということを知っておかれると良いと思います

 

【今回のPOINT】

 

・コロナ禍の一時的な売手市場で、買取価格にも大きな変化が

 

・今まで売れなった物件。現在の売り手市場がチャンスになるかも

閉じる

家売るおじさんの売却事例を見る

ページトップ