売却サポート

戸塚区不動産センターの
売却サポート

あわてない、ムリしない、急がないマイホームへの道のりはマイペースで

当社は親身でアットホームなだけではありません。戸塚区専門にしているのは、お任せいただいた不動産を確実に売却するためでもあるのです。
そんな当社の頼りがいのある販売力のことについてご覧ください

皆さんの不安を解消します。

専門家の親身なサポートが必要な方のための不動産会社です。当社ならではの強みや実績をご紹介いたします。

家売るおじさんの売却事例

-物件が違えば、売り方も違う。売却実例実況中継!-

『土地の測量』は結構大事という話

毎回、初回の打ち合わせの時に売却にかかる費用の説明をしています

その中には、測量費用の説明もあります

 

契約書の条文にも記載されるのですが

土地、一戸建ての売買の場合、売主には『境界明示の義務』があります

 

不動産を売るのに、どこがお隣との境なのか?

きちんとはっきりさせなさい、というのが条文の趣旨です

 

このため、ここ最近測量をしたことのあるお家を除けば

ほとんどのお家が測量が必要になり、費用がかかります

費用は物件の大きさや土地の筆数、また測量の方法などにもよりますが

数万円の仮測量から、道路の査定や確定などまで含めた測量になると

70万円~80万円くらいかかる場合もあります

 

これだけの費用がかかる測量ですが

いつまでの測量を終わらせればいいのか?

契約書の明示義務は、物件の引き渡しまでとなっていますので

売却活動を開始して、すぐに測量をしなければならないわけではありません

 

それなので、『買主が見つかって、契約が決まってからやればいいや』という

方も多いのが実情なのですが、できれば売却活動スタートと同じタイミングで

価格の安い、仮測量だけでもやっておくことをおススメしています

 

実はこの測量、境界明示義務があるからやらなければいけない

というだけではなく、測量によってさまざまなことがわかります

 

まずは、『正確な土地面積』

数十年前の測量を元に登記された土地面積と、測量した面積に誤差が結構あります

契約前にその誤差がわかっていれば、契約後にトラブルになることがありません

 

また、『隣地との越境』についてもわかります

ブロック塀がどちらなのか? お隣の土地へ何かはみ出していないか? 逆にお隣の屋根や樹木がこちらへ越境していないか?

こちらも事前にわかっていることでトラブル回避になります

 

これらを後回しにすることで、思いもよらぬ問題が契約後に発生する可能性があります

また、売買の条件として、『隣接地所有者の立ち合いの元に、境界を確定し、隣接地所有者から確認のための印鑑をもらうこと』というのを契約条件にされる場合も多々あります

 

この場合、境界の認識がお隣さんと合意できず

契約が白紙解約になるということもあります

 

このように、土地、一戸建ての売却の場合

測量というのは切り離せない業務であり、可能であれば

早めに着手しておいた方が、後々心配せずに済みます

 

ただ、売れるか売れないかわからない状態で、測量自体に費用がかかりますので

不動産会社は、早めにやって欲しいと思っていても、あまり強くは勧められません。

 

測量も何段階か種類がありますので、まずは費用の安い仮測量だけやってみるとか

営業マンと相談しながら納得の上、進めましょう

 

【今回のPOINT】

 

・測量をすると、土地の詳細がはっきりし、契約後のトラブル回避になる

 

・測量にはいくつか種類があり、買主の要望により、どの種類の測量が必要か

 変わってくる

 

・測量はできれば早めに行った方がベストだが、不動産が売れなくても

 費用がかかってしまうのがデメリット

閉じる

『売却』よりも気がかりな事

埼玉県在住のA様から相談の電話がありました

2年前まで住んでいた戸塚区内の一戸建ての売却を考えているとのこと

『今すぐではないけど・・・』と、相場価格だけ知りたい様子でお電話をかけてこられました

 

お電話でおおよその相場価格を伝え、少し世間話をしていると

『家の中がすごい状態で、当時生活していた状態のままになっている。

これを片付けてから、具体的に売却を考えたいと思ってるけど

千葉から、時間を見つけてたまに片づけに行ってても、なかなか減らないんだ』

と話してくれました

 

当社では今年から便利屋業務も開始しているので

『不用品の片付けも処分もうちでできますよ、見積もりしましょうか?』

とご提案すると、とても喜んでいただきました

 

不用品の処分以外にも、草刈り、空家の管理、などもやって欲しいと依頼をいただき

すべて当社でお手伝いすることになりました

 

一通りの作業を終え、A様に報告すると

来週戸塚に行くからそこで家の売却の具体的な相談をさせてください とのこと

お会いしたA様は『本当に肩の荷が下りて、すっきりしました』と

まだ家は売れていないのに、とても喜んでくれました

家の売却よりも、売却できる状態にまで進めたことがA様にとっては重要だったようです

 

古いお家を売らずにそのまま空家にしている方が多いのも

A様と同じように、売却前の様々な問題が解決していないかたが多いのだろうなあと

改めて感じました

 

不動産会社に問い合わせをすれば、売却に関することしか提案してもらえないですし

便利屋さんや不用品処分について進めたくても、知っている業者さんもおらず

インターネットで調べても、あまり情報もないし、なんとなく怖い

 

リフォーム屋さんなどではそういう小さな要望にはあまり

積極的にお手伝いしてくれないだろうし

 

だからといって、自分で全部やるには、あまりにも事が大きすぎる

 

そんなA様のような方が大勢いるのだろうと想像できます

『家の売却』と大きなことを決める前には

その壁になっている、様々な小さなお困り事がある

それを一つ一つ、もつれた糸をほぐしていくように解決していくお手伝いを

することが今後、必要になっていくのだろうと感じました

 

【今回のPOINT】

 

・家を売る前には、様々な解決しなければいけないことがある

 

・どこに頼んだらいいのかわからない場合は、まず不動産屋さんに紹介してもらえないか?

 やってもらえいなか?聞いてみる

 

・長年住んできた家の事は一気にはできない。

 すぐに売却を考える前に、一つ一つ、問題を解決していくことを優先する

閉じる

『もう いくらでもいいです』

駅からはバス便でバス停からも結構歩く

築年数はもう40年でリフォームもしていない

土地面積も小さく、形もあまりよくない

おまけに道路との高低差もあり、玄関まで階段が数十段

 

こういう物件を相続で所有することになったA様

 

手持ちのお金が無いので、売却にあたってそのまま売れないか?

という相談です

 

『悪条件の物件なので、お金がかからず売れるのであれば

もういくらでも良いので、来月までに売って現金化したいです』とのこと

 

不動産を売るときには通常諸費用がいろいろかかります

・仲介手数料

・測量費用

・不用品の片付け費用

・登記費用

・印紙代

などが代表的ですが、状況によっては別にかかってくるものもあります

 

このうち、仲介手数料、印紙代、登記費用は売却が完了した後に払うので

売れない場合はかかりませんが

測量費用や不用品の片付け費用などは作業が終わるとそれぞれ費用がかかります

 

今回のA様の場合はこの費用が出せないということなので

売主の責任で通常は行う、測量と不用品の処分を免除してくれる買主を

探してほしいという要望ですが、これは至難の業です

 

だって自分が買う立場だったらと想像してみてください

面積や境界も明確でない、売主の荷物が残されたまま

こんな状態の物件を買う人っていますか?

いたとしてもそのリスクの分以上に、価格が安くないと買いませんよね

 

それをA様に説明したところ

『どれだけ安くなっても良いので、その条件で探してみて欲しい』とのこと

 

個人のお客様もですが、こういう物件を買ってくれるのは業者さんの方が現実的

業者さんはリスクも費用で換算しますから、安く買えるのであれば

リスクは喜んで請け負ってくれることが多いです

 

売却期間も少ないので早速調査後資料作成し、業者さんに紹介しましたが

さすがに悪条件が重なっている物件だったので、なかなか興味を示してくれる

業者さんが無かったのですが、1社だけ手が挙がったのでその会社に買い取って

もらいました。

 

無事にA様の要望は叶えられましたが、当社の仲介手数料はというと

物件価格が極めて安価なため、それに応じて仲介手数料もだいぶ安価です

 

それでも喜んでいただけたので良かったですが

現在日本の地方ではこの問題が顕在化されています

 

価格が安すぎて、取引しても仲介手数料は少ししかもらえない物件は

不動産会社からも敬遠されてしまうので(手数料が安いのに手間が大きいので)

扱ってくれる不動産会社が見つからないという問題が増えています

不動産会社はあくまでも物件価格の3%+6万円までしか報酬をもらえません

これを物件の価格によって変えられるようにしなと、結果、所有者である売主様が

物件を売却できずに困ってしまうという事態になりますので

早く法整備をお願いしたいところです

 

【今回のPOINT】

 

・物件売却にはいくつか諸費用があり、それぞれ支払い先によって支払うタイミングが違う

 

・間口は狭くなるが、売主の義務を免除してもらい売却する方法もある

 

・安い物件の取り扱いは不動産会社もやりたがらない。今後人口減少や空家問題で

 もっと安い物件が増えていくと、社会問題になる可能性もあり、法整備を期待したい

閉じる

家売るおじさんの売却事例を見る

ページトップ