買いたい人のQ&A

日々のお手伝いの中で、実際にお客さんからよく聞かれる質問をまとめました。事務的な回答ではなく、皆さまの立場にたった役立つ回答を心がけています。

買いたい人のQ&A

購入相談室

買いたい人のご相談を紹介

他のみんなもあなたと同じような疑問や不安を持っています。
実際のお客様とのやりとりをかなり短く凝縮していますが、ちょっとでも参考になる要素があるかもしれません。

代表の高鳥にメールで相談してみる

今は本当に買い時なんですか?
+

そうですね、選べる物件の豊富さや、住宅ローンの低金利、国の減税制度などなど そういった外部の環境の事を考えれば、ここ数年はずっとマイホームを買う人にとって良い環境が続いていますから買い時と言えると思います。ただ、外部の環境が良いということよりもご自分達のライフスタイルにとって、マイホームが必要な時期かどうか?という方が重要だと思います。ご自分達にとってマイホームが必要な時期じゃないのに、外部環境が良いからとって買ってしまうといのは、逆に後悔してしまうなんてこともあるので、注意も必要です。

すごい安い物件があるんだけど何か理由がある?
+

価格はかなり正直です。売りたい人は高く売りたいのに、相場に比べて安くなっているというのは、安いなりの理由があることがほとんどです。安い物件は、なんで安いのか?その理由に納得して買えるようにしましょう。『掘り出し物件』なんて幻想だと思って探したほうが良いです

長期間探していますが、良い物件に巡り合えません。どうして?
+

良い物件となかなか出会えないという場合、その理由は大きく分けると2つあって 一つ目は、探している物件やエリアに希少性があって、なかなか物件が売りに出ないというパターン。もう一つは、探している希望条件が理想的すぎて、現実的になっていないパターン。前者の場合には果報は寝て待てで、良いご縁を待っていればいいのですが、後者の場合にはそもそも探している条件が現実的ではないので、この先、数年待っても希望の物件にはめぐりあえません。その場合、何を妥協するのか、何を諦めるのかというような現実を見る作業が必要になるのですが、後者の方の場合、まだ買うタイミングではない事も多いので、無理やりに現実を見なくちゃいけないということも無いように思います。

無理のない、資金計画を立てるには?
+

いくら借りられるか? ではなく いくらの支払いに抑えるか? で考えてください。日々の生活の事をよーく考え、これなら不安を持たずに生活していけるという支払いの ラインを決め、そこから逆算して、いくらの物件を買えばいいのかを算出する。この方法が一番不安のない計画が立てられます。

家を買う前に注意して控えておいたほうがいいこってありますか?
+

代表的なのは、『転職すること』と『お金を借りる事(金融機関から)』です 理由は住宅ローンが借りれなくなったり、不利な条件になったりするからです

私達は住宅ローンが借りられますか?
+

そういう不安のある方は結構多いです。審査の基準てはっきりと明記されていませんし、実際に銀行によって通ったり、通らなかったりということもあります。ですから、まずはその心配を無くすために一歩前に進んでみることをおススメします。具体的には『事前審査』というのがあって、物件購入前に審査に通るか通らないのか、無料で審査ができます。審査は直接銀行に行ってもいいですが、できれば不動産会社に相談してからの方がスムーズです。審査が通ったからといって買わなければいけないなんてことはありませんから、不安を少なくするためにもやってみるといいと思います。

自分達の希望するような物件は本当にありますか?
+

大事な質問ですね。お話を聞くと『その場所でそういう価格の物件は今後も出ないですよ』というようなケースも結構あります。希望と相場がマッチしていなくて、いつまでも奇跡のような物件を待っている方、案外多いです。それを避けるためにも、探しているエリアの過去の成約事例や、現在の売出し事例などを知る必要があります。ネットでもある程度、知ることができますが、実際に物件をいくつか見学して、比較しながら、不動産会社のアドバイスも聞いて、自分自身で相場観を持ち、一歩一歩現実的な計画にしていきましょう

自分は買いたいけど、主人(妻)が中々、乗り気になってくれない
+

お気持ちお察しします。マイホームの購入はどちら一方が頑張っても前には進みません。パートナーと足並みを揃えて考えていくものだと思います。ご夫婦ごとに様々な状況がありますから一概には言えませんが、やっぱり何度でもパートナーと話し合ってみるのがいいと思います。その時には一度自分の都合は一旦置いておいて、100%相手の立場になって話しを聞いてみるというのが近道な気がします。(相当難しいと思いますが)、それか、私のような第三者を交えて話しをしてみるというも有効です。当社の個別相談会でも、今まで乗り気じゃなかったご主人が、私と話しをしてみると、結構色々と奥さんや家族やマイホームの事をしっかり考えていたと分かることが多くあります。近い存在だからこそ甘えて本音を言えないなんてこともあるかもしれませんね

自分達は買った方がいいのか相談したい
+

買った方がいいのか?という質問には、迷いというか、買っても大丈夫なのかなあ?という不安感を感じます。そういう気持ちはとても大事で、向き合うことが必要だと思います。お金の事だったり、将来のことだったり、人それぞれですが、不安な気持ちのまま買ってしまうのは後悔の元です。『今は買わない』『現状のままでいる』という選択肢も持ちながら、一つ一つ考えを整理していきましょう。そのために相談相手として信頼できる不動産会社等の専門家をご活用ください。

初めての事で何を聞いたらいいのかもわからない
+

この質問が『個別相談会』などでも一番多く聞かれる気がします。相談会の時には色々な質問をさせてもらいながら、お客さんの知りたいこと、不安なことにフォーカスしていけるのですが、メールですとやはり限界がありますね。でもあまりかしこまって考えすぎないでください。基本的には、後悔することなく、希望のマイホームに出会えればいいわけで、知らなきゃいけないことや勉強しなきゃダメなことなんてありません。やみくもに知識を吸収しようとするよりも、こうやって知らないことをちゃんと伝えられることが大切で、あとは一歩一歩進みながらその都度出てくる疑問点や不安点を解消していけばよいと思います。

みんな、どれくらい物件を見てから決めますか?
+

本当に人それぞれです。人それぞれというか、運もありますから、他の人の回数はあまり参考にならないかもしれません。でも私の体感だと3回目くらいのご案内で決める方が多いような気がします。初回か2回目で良い物件と巡り合って、それが良い物件だって確認するためにいくつかの物件と比較して、やっぱりこの間の物件が良かったってなることが多く、それで3回目くらいが多いのかもしれません。毎回2~4物件くらい見学してますから合計で10物件くらい見てることになるでしょうか。でも本当に人それぞれなので、あまり気にしないで探してください。

引っ越したい時期の、何か月くらい前から物件探しをしたらいいか?
+

不動産の購入手続きは、物件が決まってから(契約してから)、鍵をもらえる引渡しまで、早くても1か月前後かかります。(※住宅ローンを使う場合です)。物件を決めるまでの期間は人それぞれですが、物件を見比べたり、希望物件が出るのを待ったりする期間を考えると2~3か月くらい必要だと思いますから、合わせると3~4か月前くらいから動いておくといいように思います。人によってはもっと気持ちに余裕が欲しいという方も多く、半年以上前から動きだす方も多いです。お子さんの小学校入学の時期などに合わせて考えている方は2年前くらいから探す方もいますが、本格的に探すには少し早い気がします。物件探しは体力的にも精神的にも結構疲労するので、2年間も一生懸命探すと疲れてしまいます。ただ、将来に向けて早めの情報収集などはどんどんしておいてもいいと思います。

ページトップ