なかなか物件が買えない人の特徴

はじめて見た物件を気に入って、すぐに購入する方もいれば

2年、3年、探していて

まだマイホームが見つからないという人も中にはいます

 

私もこの仕事を長年やっていて

この『2年、3年、探していて物件がみつからない人』には

特徴があるような気がしています

 

その特徴のいくつかを挙げると

 

1 マイホーム購入に関しての知識が豊富すぎる

2 物件をたくさん見すぎている

3 希望条件を聞くと、現実離れした夢のようなことを言っている

 

マイホームの購入は経験されるとわかりますが

決断の連続です

 

それもうれしい決断だけではなく

『これは諦めよう!』『こっちを取ろう』と

痛みを伴うような決断の連続です

その決断をしないまま、現実離れした状態でいくら物件を探していても

当然ですが物件は見つかりません

 

物件が無い訳ではなく

痛みを伴う決断をしていないだけなのです

 

現実をみるという作業は、思っているより辛く、精神的にも負担になるものなので

何も決めないでいるほうが楽なのです

 

繰り返しますが、マイホームを買うからには、決断は避けて通れません

 

でも避ける方がいます。

そんな方が代わりにするのが

 

『知識をつけること』『物件をやみくもにたくさん見ること』

 

その結果、家はまだ買ってないけど

営業マンよりも知識豊富になりました

という方もいらっしゃいます

 

そんな状態が『2年、3年、探していて物件がみつからない人』の特徴です

 

もはや、マイホームを買う事が目的でなく

マイホーム探しそのものが趣味になってしまう場合もあります

 

でも、それも決して悪いことではありません

ただ単にまだ買うタイミングじゃないだけだと思います

 

人はタイミングが来れば、ちゃんと決断できるものだと思います

戸塚のグッとくるアレコレを勝手に認定しています

ツイッター インスタグラム

ページトップ