見学に来た時、伝えること

不動産を売りに出すと、見てみたいというお客様が実際にあなたのお住まいを見に来ます。そんな時に『どう対応したらいいかわからない』『何を話せばいいかわからない』という売主さんはとても多いです。

 

ご案内の時にはお客様が単独で見にくることはなく

必ず不動産会社の営業マンが同行します。

 

なので、会話やセールスは営業マンに任せて売主さんはただ『いるだけ』というのも珍しいことではありませんが『もったいないなあ』と思います。

 

営業マンだってお客様同様、あなたのお家の中を初めて見る場合が多いのでお客様に満足する説明ははっきり言ってできません。

 

売主であるあなたが直接、ポイントだけ的確に伝えてあげるだけで

印象がグンと上がります。

 

具体的には『なぜ売るのか?』『ご近所の人はどんな人たちか』『目に見えない良い所』

この3点を伝えてあげるだけでいいと思います。

(最近では、地震や台風などの災害のときにどうだったか?も大切な情報)

 

この3点は買主様が物件を見るときに知りたいポイントなのです。

もちろんそれ以上話してはいけないということはありません。

 

これらのポイントは買主様とすると『聞きたいけど、聞きずらい』質問なのです。

 

聞きたいけど聞けないままで決断はできません。聞きずらいからこそ

こちらから伝えてあげれば安心感になります。

 

『変な理由で引っ越すんじゃないか?』『変な人は住んでいないか?』

なんて大きな買い物ですから誰でも気になりますよね。

そういう、知りたいけど知るすべがないようなことこそ、売主さんが伝えてあげるべき情報です

 

そんな買主様の不安を解消できるのは営業マンではなく売主様です。

営業マン任せにせず、積極的にそういった情報もお知らせしてあげましょう!

ページトップ