新型コロナの影響

飲食店やバー、ミュージシャンなどに大きな影響があることは

テレビでも報道されておりますが

不動産売買の市場にも大変大きな影響が出ております

 

それはそうです

こんな緊急事態の中、家の売買をする方というのは

この時期に売買をしなければならない事情のある方だけです

 

『いつか買おう』『そろそろ考えよう』

という今の時期でなきゃいけない人以外は

あえてこの時期に物件を見に行ったりするというのは普通に考えたらありません

(もちろん、どんなときにも例外はありますが)

 

そんな時期に不動産を売るというのは

はっきりいって難しいです

不動産会社の力や小手先でどうにかなるようなものではありません

 

もちろん、絶対に売れないという訳ではありません

そんな状況でも、探しているお客様の条件にぴったりであれば

売買が成立することは当然ありますが

言いたいことは『何かを仕掛けて、対策して売れるということは難しい』ということです

 

例えば、価格を下げる、部屋をリフォームする、クリーニングする

こういう事を新型コロナの影響下でやってもあまり意味がないということです

売れない理由は価格でもないし、室内の状態でもなく、新型コロナの影響で

家を探している人の動きが一時的にほとんど停止しているからだと理解するべきです

 

じゃあ物件が売れないのに、何もせずジッとしているしかないのか?

と思われるかもしれませんが

私はその通り、ジッとしているしかないと思います

 

コロナの影響はそれほどまでに大きいと感じます

 

売却中の物件の販売を中止する必要はありませんし

これから売却をするのであれば販売をスタートしても良いと思います

でも、そういう厳しい現状だということを理解し、なるべくお金がかかるような

大事なことはこの時期は避けたほうが得策です

 

そうは言っても、急いで売りたい方、この時期に売れなければ困る方もいます

そういう方は、残念ながら大幅に価格を下げ買取りしてもらうしかありません

この時期は買取会社もなかなか良い価格をつけてくれませんが

それでも安ければ買い取ってくれます

想定よりも安くなってしまうことが受け入れられれば、そういう方法で売れます

 

なんども言いますが、コロナの影響は本当に大きいです

東日本大震災の時にはこういう影響が3か月くらいありました

今回はどれくらい続くのか現時点ではまったく予想もできません

 

しかし止まない雨はありません

止んだあとの事、今できる事、そういう事に着目し行動していきましょう

 

【今回のPOINT】

 

・4月初旬時点で新型コロナの不動産売買市場への影響は大きい

 

・お金がかかるような対策や値下げはコロナの影響下ではやめておくのが得策

 

・急ぐ方は価格が安くなってしまうのが受け入れられれば買取で売れる

 

・コロナの影響はいつかは落ち着く、落ち着いた後のことを見据えて

不動産会社はできることをやっていくのが大事

ページトップ