今できる事【売却編 写真を撮る】

本日も緊急事態宣言の中でできる売却前準備のご紹介

今回は【写真を撮る】です

 

今、不動産売却の販売活動といえばインターネットです

チラシの反響は昔はよかったですが、現在ではほぼ少なく

集客ルートのほとんどがインターネット経由からとなっています

 

インターネット広告に掲載する情報として

物件概要は当たり前ですが、差が出るのが『写真』です

 

写真の良し悪しで反響に差が出るとも言われていて

できれば良い写真を掲載したいものです

 

売却を依頼すると通常は担当営業マンがお家の写真を撮影しにきます

その営業マンの使っているカメラが良いカメラとも限りませんし

写真の技術が上手とも限りません

晴れてるとも限りませんし、富士山が見えるのに富士山がその日見えているとも限りません

 

要するに掲載される写真があなたのお家のベストショットだとは限らないのです

 

ですから、この時間のたっぷりあるときに

あなたのお家のベストショットを撮影しておくことを

おススメいたします

 

撮影したデータは、そのまま営業マンに渡してあげれば

営業マンも撮影の手間が省けますし、良い写真が掲載できますし

一石二鳥です!

 

『プロでも無いのに良い写真がとれるか心配』と

思われるかもしれませんが、コツはいくつかしかありませんので簡単です

 

1、水平垂直に撮る

2、広角で撮る

3、構図を意識する

 

1、水平垂直に撮るは当たり前ですよね

斜めになっていたり、歪んでいたりする写真をよく見かけますが

あまり恰好の良いものではありません

カメラにグリッド機能という線が表示されるものもありますので

そういった機能があれば利用してまっすぐに撮影することを心掛けてください

 

2、広角で撮る

これはカメラの機能に依存しますので、広角レンズの無いカメラでは無理です

ただ、この広角で撮るというのは3つのポイントの中でも一番重要なので

この機能が無い場合は、不動産会社に広角機能付きカメラで撮ってもらいましょう

 

左が広角機能無し 右が広角機能あり

撮影できる広さが全然違います

不動産の場合、室内の写真がほとんどですから

これでだいぶ写真のイメージが変わってきます

 

携帯電話のカメラでも最近のは広角機能が付いていますので

そういった機能があれば必ず利用してください

 

3、構図を意識する

こちらは外観写真などで特に重要です

外観の場合はどうしても家をアップにしてしまう人が多いのですが

家と空を1対1くらいの比率にすると印象の良い写真が撮影できます

例えばこんな感じ

また外観写真は晴れた日に撮影してくださいね

 

以上、3つのポイントに注意して撮影していただければ

きっと良い写真が撮れます

もっとこだわりたい人は、下記のサイトなんかも参考にしてみてください

https://fudosanphoto.blogspot.com/

(他にも『物件撮影 コツ』と検索するとたくさん出てきますよ)

 

画素とか画像のきれいさにこだわるひともいますが

最近のカメラであれば、まずそこは心配しなくて良いレベルですので

それほどこだわらなくても大丈夫です

 

また、お家の写真だけではなく

ご近所の写真なんかも撮影してみてください

近所のスーパーや生活施設

近所の好きな風景

または富士山が見える日の富士山の写真

バルコニーからの眺望

 

自分が住んでいて好きな場所や景色をたくさん撮影しておきましょう

そういう写真はあまりインターネット広告に掲載されていませんし

あったとしても営業マンが撮影する当たり障りのない写真なので

売主さんが自分が好きな風景などの写真は

差別化になると思いますし、それが購入検討者にも伝わると思います

 

ぜひこの時期を利用して良い写真をたくさん

撮影してみてください!

 

ページトップ