不動産業界の仕組みを知っておく

不動産業界の仕組みを知っておいて損なことはありません

 

営業マンが言っている言葉の根底には

業者サイドの都合や思惑が見え隠れしますから

知っておくと、本音がわかっていいと思います

 

数社の不動産会社に行ったことがある人は経験があるかもしれませんが

 

複数の不動産会社に行って、自分達の希望条件を伝え

物件を探してもらうと

大体、同じ物件が紹介されます

 

違う会社に行ってるのに、なんで同じ物件が出てくるんだろう?

と思ったかもしれませんが

 

それはほぼ全部の不動産会社が『レインズ』と言う

不動産情報機構を利用して、物件を探すからなのです

 

我々、不動産会社は

売主さんから物件の売却を依頼されると

必ずこの『レインズ』に、物件が売りに出ましたよと

情報を登録する義務があります

 

ですので、この『レインズ』には全ての物件情報が集約されています

 

この仕組みを使って、お客様に物件を紹介するので

どの会社に行っても、このレインズに登録している物件を検索し

図面があなたの目の前に出されます

 

大きな会社であっても、小さな会社であっても、

この不動産業界では情報の差はあまりありません

 

この仕組みを理解していると

2つの事がわかります

 

1 たくさんの不動産会社に行く必要はない

2 物件は気に入っているが、営業マンや会社が気に入らなければ、

同じ物件を別の会社を通して買うことができる

 

この事を知っておくだけでも、だいぶ効率的に物件を探せると思います

 

『不動産会社にたくさん行く必要はない』

とは言いましたが、色々な会社の特徴や、雰囲気、色々な話しを聞けるという意味では

いくつかの会社に行くことは良いと思います

 

会社に訪問したその時には

『この会社、この担当者は自分達と相性がいいかどうか?』

『誠実で頼りになるかどうか?』

そういう点を考慮することが大切です

 

もし、頼りなかったり、あまり相性が合わない場合には

いくら勧められた物件が魅力的でも

その会社を通して買う必要はないのです

 

物件選びではなく、担当営業マン選びを先にする方が

良いマイホーム探しができます

 

また、話は変わりますが

希望に近くもないのに『おススメ物件です』と強く勧められることがありますが

それには訳があります

 

同じ3000万円の物件だったとしても

片方はおススメ、片方はそうでもない

その違いは何か?

 

それは不動産会社がもらえる報酬の額の違いです

 

強く勧められたその物件は、その会社が他の物件よりも多く

報酬をもらえる物件である場合がほとんどです

そういった特定の物件ばかり、強く勧めてくる営業マンは

あなたのマイホーム探しよりも自分のノルマを優先します

 

そのような営業マンに当たってしまった場合には

早々と手を引きましょう

 

そんな営業マンほどしつこいですが

断り文句にもコツがあります

 

『今回は別の物件に決めました』これだけでOKです

 

曖昧にせず、きっぱりと断ることが大事です

 

いままで、不動産業界はお客さんサイドに情報が少ないのをいいことに

好き勝手なふるまいをしてきました

 

その結果、不動産業界のイメージは悪く

『しつこい』『だまされる』

そんなイメージが定着しています

 

不動産取引は本来、お医者さんや弁護士さんのように

お客さんと共に信頼関係の中で、進めていかなければならない作業なのに

まだまだそうなっていません

 

もはや、不誠実な会社は淘汰される時代になりました

業界全体にとってもいいことだと思います

 

しかし、まだ完全には無くならない業界の悪習が多々あり、

不安な思いをしながら、マイホーム購入を進めている方の相談が当社でも絶えません

巻き込まれないためにも、業界の裏側の一端を理解し

信頼できる担当者や会社を見極められる目をもっていただければと思います

戸塚のグッとくるアレコレを勝手に認定しています

ツイッター インスタグラム

ページトップ