古い家でも売れますか?

 

 

『私の家は古くて価値がないかもしれませんが、本当に売れますか?』

こんな質問を多くの方からされます

 

戸塚区内にも築30年、40年、それ以上という一戸建てのお家は

たくさんありますし

そういった古いお家でも売買取引はされています

古いからといって決して売れないわけではありませんのでご安心ください

 

日本の不動産取引では通常、建物の評価は20~25年でほぼ価値が『ゼロ』になるとされています。

(もちろん途中で大規模なリフォームなどしている場合は別です)

建物の価値は築年数に応じて、下がってしまいますが

一戸建て物件の場合、土地の価値があります

 

例え、家が古くても土地はその時の相場価格で売買できますので

古い家でも、土地値であれば売れるのです

 

中には築年数は古くても使い方が丁寧な物件だと

中古一戸建て物件として売ることもありますし

だいぶお疲れのお家の場合には『古家付き土地』物件として

売りに出すこともあります

 

マンションの場合は、一戸建てとは違って少し難しい問題です

建物は一戸建て同様に築年数に応じて価値が減っていきますが

一戸建てのように20年から25年でゼロになるということはありません

 

マンションも土地の持ち分を所有しているのでその価値はあるのですが

一戸建てのように単純な計算ができるものではありません

 

またマンションの場合は築50年とか70年という事例がほとんど無いので

今後、そういった築年数の経過した物件がどのような評価になっていくのかは

未知数な部分が多いです

 

ただ、戸塚区内でいえば築40年過ぎている物件でも

ちゃんと価格がついていますし、その場所、その物件の相場価格があります

その相場価格が落ちていかないよう、マンションの管理状況などが

大事になってくるのかなと思います

 

ページトップ