買いたい人のQ&A

日々のお手伝いの中で、実際にお客さんからよく聞かれる質問をまとめました。事務的な回答ではなく、皆さまの立場にたった役立つ回答を心がけています。 スタッフイラスト

買いたい人のQ&A購入相談室

買いたい人のご相談を紹介

戸塚区不動産センターの高取社長が、買いたい人のご相談を紹介します。

他のみんなもあなたと同じような疑問や不安を持っています。実際のお客様とのやりとりをかなり短く凝縮していますが、ちょっとでも参考になる要素があるかもしれません。

代表の高鳥にメールで相談してみる

そうですね、選べる物件の豊富さや、住宅ローンの低金利、国の減税制度などなど そういった外部の環境の事を考えれば、ここ数年はずっとマイホームを買う人にとって良い環境が続いていますから買い時と言えると思います。ただ、外部の環境が良いということよりもご自分達のライフスタイルにとって、マイホームが必要な時期かどうか?という方が重要だと思います。ご自分達にとってマイホームが必要な時期じゃないのに、外部環境が良いからとって買ってしまうといのは、逆に後悔してしまうなんてこともあるので、注意も必要です。

価格はかなり正直です。売りたい人は高く売りたいのに、相場に比べて安くなっているというのは、安いなりの理由があることがほとんどです。安い物件は、なんで安いのか?その理由に納得して買えるようにしましょう。『掘り出し物件』なんて幻想だと思って探したほうが良いです

良い物件となかなか出会えないという場合、その理由は大きく分けると2つあって 一つ目は、探している物件やエリアに希少性があって、なかなか物件が売りに出ないというパターン。もう一つは、探している希望条件が理想的すぎて、現実的になっていないパターン。前者の場合には果報は寝て待てで、良いご縁を待っていればいいのですが、後者の場合にはそもそも探している条件が現実的ではないので、この先、数年待っても希望の物件にはめぐりあえません。その場合、何を妥協するのか、何を諦めるのかというような現実を見る作業が必要になるのですが、後者の方の場合、まだ買うタイミングではない事も多いので、無理やりに現実を見なくちゃいけないということも無いように思います。

いくら借りられるか? ではなく いくらの支払いに抑えるか? で考えてください。日々の生活の事をよーく考え、これなら不安を持たずに生活していけるという支払いの ラインを決め、そこから逆算して、いくらの物件を買えばいいのかを算出する。この方法が一番不安のない計画が立てられます。

代表的なのは、『転職すること』と『お金を借りる事(金融機関から)』です 理由は住宅ローンが借りれなくなったり、不利な条件になったりするからです

そういう不安のある方は結構多いです。審査の基準てはっきりと明記されていませんし、実際に銀行によって通ったり、通らなかったりということもあります。ですから、まずはその心配を無くすために一歩前に進んでみることをおススメします。具体的には『事前審査』というのがあって、物件購入前に審査に通るか通らないのか、無料で審査ができます。審査は直接銀行に行ってもいいですが、できれば不動産会社に相談してからの方がスムーズです。審査が通ったからといって買わなければいけないなんてことはありませんから、不安を少なくするためにもやってみるといいと思います。

大事な質問ですね。お話を聞くと『その場所でそういう価格の物件は今後も出ないですよ』というようなケースも結構あります。希望と相場がマッチしていなくて、いつまでも奇跡のような物件を待っている方、案外多いです。それを避けるためにも、探しているエリアの過去の成約事例や、現在の売出し事例などを知る必要があります。ネットでもある程度、知ることができますが、実際に物件をいくつか見学して、比較しながら、不動産会社のアドバイスも聞いて、自分自身で相場観を持ち、一歩一歩現実的な計画にしていきましょう

お気持ちお察しします。マイホームの購入はどちら一方が頑張っても前には進みません。パートナーと足並みを揃えて考えていくものだと思います。ご夫婦ごとに様々な状況がありますから一概には言えませんが、やっぱり何度でもパートナーと話し合ってみるのがいいと思います。その時には一度自分の都合は一旦置いておいて、100%相手の立場になって話しを聞いてみるというのが近道な気がします。(相当難しいと思いますが)、それか、私のような第三者を交えて話しをしてみるというも有効です。当社の個別相談会でも、今まで乗り気じゃなかったご主人が、私と話しをしてみると、結構色々と奥さんや家族やマイホームの事をしっかり考えていたと分かることが多くあります。近い存在だからこそ甘えて本音を言えないなんてこともあるかもしれませんね

買った方がいいのか?という質問には、迷いというか、買っても大丈夫なのかなあ?という不安感を感じます。そういう気持ちはとても大事で、向き合うことが必要だと思います。お金の事だったり、将来のことだったり、人それぞれですが、不安な気持ちのまま買ってしまうのは後悔の元です。『今は買わない』『現状のままでいる』という選択肢も持ちながら、一つ一つ考えを整理していきましょう。そのために相談相手として信頼できる不動産会社等の専門家をご活用ください。

この質問が『個別相談会』などでも一番多く聞かれる気がします。相談会の時には色々な質問をさせてもらいながら、お客さんの知りたいこと、不安なことにフォーカスしていけるのですが、メールですとやはり限界がありますね。でもあまりかしこまって考えすぎないでください。基本的には、後悔することなく、希望のマイホームに出会えればいいわけで、知らなきゃいけないことや勉強しなきゃダメなことなんてありません。やみくもに知識を吸収しようとするよりも、こうやって知らないことをちゃんと伝えられることが大切で、あとは一歩一歩進みながらその都度出てくる疑問点や不安点を解消していけばよいと思います。

本当に人それぞれです。人それぞれというか、運もありますから、他の人の回数はあまり参考にならないかもしれません。でも私の体感だと3回目くらいのご案内で決める方が多いような気がします。初回か2回目で良い物件と巡り合って、それが良い物件だって確認するためにいくつかの物件と比較して、やっぱりこの間の物件が良かったってなることが多く、それで3回目くらいが多いのかもしれません。毎回2~4物件くらい見学してますから合計で10物件くらい見てることになるでしょうか。でも本当に人それぞれなので、あまり気にしないで探してください。

不動産の購入手続きは、物件が決まってから(契約してから)、鍵をもらえる引渡しまで、早くても1か月前後かかります。(※住宅ローンを使う場合です)。物件を決めるまでの期間は人それぞれですが、物件を見比べたり、希望物件が出るのを待ったりする期間を考えると2~3か月くらい必要だと思いますから、合わせると3~4か月前くらいから動いておくといいように思います。人によってはもっと気持ちに余裕が欲しいという方も多く、半年以上前から動きだす方も多いです。お子さんの小学校入学の時期などに合わせて考えている方は2年前くらいから探す方もいますが、本格的に探すには少し早い気がします。物件探しは体力的にも精神的にも結構疲労するので、2年間も一生懸命探すと疲れてしまいます。ただ、将来に向けて早めの情報収集などはどんどんしておいてもいいと思います。

自分でも自分の希望がわからなかくなってくるということは

多くの方が物件探しの途中で経験することです

 

その理由は私が思うにいくつかあるのですが

大きな理由の一つは、物件探しを、物件のスペックからしかしていない。ということ

 

どこのホームページや物件検索サイトでも、物件を探す時に

『駅からの距離』『価格 』『広さ』『築年数』などなど、こういった物件のスペック

を入力しないと物件が探せません。

不動産会社に行っても、検索サイトと同じようにスペックを通常は聞かれると思います

 

しかし、これだけしか考えていないと

後になって『まてよ、本当にそれが自分たちの希望条件でいいのか?』と

なんとなく違和感を感じたりするものです

 

物件のスペックで考えるのが悪いのではないのですが

そのスペックをもう一歩掘り下げる作業が必要だと思っています

 

希望条件を考える時には、だいたい先入観や他人の影響、イメージ等が入ってしまいます。

ですから、あなたご自身が『こういう物件が欲しい』と思っていても

実はそれはイメージだけで、本当に必要なものと少しづれていたりします

それが後になって違和感としてあらわれて、今回のような

『自分達にはどんな物件が合っているの?』という気持ちになってくると思うのです

 

掘り下げ方は色々ありますが、例えば、

『駅は戸塚駅で探しています』→『他の駅では駄目ですか?』

『価格は3000万円以内で』→『根拠は?』

『広さは4LDKで90㎡以上で』→『本当に必要ですか?』

 

などなど、自分に質問をしてみること。

上の文章だけ見ると、アゲアシ取りのように見えるかもしれませんが

このように、もう一歩踏み込んで考える作業が必要だと思っています

 

希望を掘り下げた時に、ちゃんとした理由があるものは

やっぱり必要な条件だったりして、はっきりと答えられることが多いのですが

イメージや先入観が多く入った希望条件ですと、やはり『うーん・・・』と

考えこんでしまったりすると思います

 

考えこんでしまうのが決して悪い状態な訳では無いですし

考え抜いて無理やり答えを出す必要は無くて

その考え込んでしまった希望条件については、『あんまり捉われなくていいんだな』と

客観的に思っているだけでもいいと思います

 

そういう作業をしていくと

ゆずれる点と、どうしてもゆずれない点というのが

希望条件の中でも分かれてくると思います

 

そうやって、大事な所とそうでない所がはっきりしてくると

自分たちに合った物件もはっきりしてきます

『希望条件ではなく、絶対嫌だという条件を考える』という事

嫌な事というのは、自分の経験だったり、自分の本当の気持ちを反映している事が多いので、希望を考えるより、わりと楽に考えられると思います。

 

頭金をいくら出すかということよりも大事なことがあります

 

それは『住宅ローンの毎月返済の資金計画で無理をしないこと』

資金計画で無理をしないということが重要で

頭金をいくら出すかはそれよりも重要ではないと思っています

 

極端な例ですが

頭金を数千万円用意したとしても、毎月の返済額に余裕がないようなら

もっと頭金を用意して、返済額の負担を軽くするほうがいいし

例え頭金がゼロだったとしても、毎月の返済額に余裕があれば

なんの問題もないと思っています

 

ですから、毎月の返済額で無理をしない計画を立てていれば

頭金が無くても、金融機関さえ融資してくれれば問題ないと思います

 

ですから、頭金が少ないことでマイホームを諦める必要は全然ありません

ただし、住宅ローンの審査をする時に頭金が多いほうが有利なのも事実です

 

頭金が少ないと、借入希望額を減額されたり

金利優遇の幅が少なかったりすることもありますので

早めに相談をされて、条件の良い銀行選びなどに備えておくことも重要です

 

理想を言えば、マイホームを購入する際に必要になる『諸費用』

(物件価格の8%程度かかります)

この諸費用をご用意できるか、できないかで審査が通りやすいかどうかの一つのラインに

なりますので、これを準備できると比較的良い条件で審査が通ったりします

金利動向次第です

 

現在は数年低金利で推移しています

頭金を貯めている数年間の間に、金利が少しでも上がってしまうと

一生懸命貯めた頭金分よりも、金利上昇によって損をしてしまう額のほうが

多くなってしまうことも考えられます

 

頭金を貯める事自体を目的にしてしまうと

本末転倒になってしまう可能性もあるので注意が必要です

ここら辺も機会があれば一度計算してシュミレーションしてみるといいかもしれません

後悔というのは

『自分の想定外の不快な問題が起った事』

などででてくる感情だと思います

 

ですから、後悔しないためには

ちゃんと想定をしておくことが大事です

 

想定といっても、そんなに難しいことではありません

『メリットばかりでなく、デメリットも知っておくこと』だと思います

 

メリットは自分で目で見て、わかることが多いですが

デメリットは意識していないと見過ごしてしまうことが多いです

 

ですから、物件をみたりする際には

メリットよりも、『この物件のデメリットってなんですか?』ということを

聞くようにするのがいいですし

その質問に対して、きちんと親身に答えてくれる営業マンを選ぶことも重要です

 

こちらが聞かなくても

『この物件はこういう点は良いけど、こういう点は○○様にとってデメリットですね』と

営業マンから言ってくれるような人と付き合えれば

もう後悔することはほとんどありません

『デメリットのない物件など無い』という心構えが大事です

 

(メリット)           (デメリット)

・角地で日当たりが良い  =   外を歩いている人からお家の中が良く見える

・駅徒歩5分で便利    =   商業施設が多く、人の気配が多く落ち着かない

・角部屋         =   寒い。窓が多く掃除が大変

・共用施設が充実     =   将来、管理費等が値上がりする可能性が大きい

・リフォーム済み     =   その分の費用以上が価格に反映されてます

 

などなど、揚げ足取りのようでもありますが、物事には両面がありますから

よくセールスポイントになるような文言でも、デメリットはあるという例です

 

メリットは黙っていても情報が入ってきますが

デメリットは意識していないと通り過ぎてしまいます

 

通り過ぎても、そんなに問題ない場合もありますが

ご自身にとって大事なことを見逃してしまうと『後悔した』となってしまうので

やはり物件を検討する時にはデメリットを把握するようにしましょう

気に入った物件があれば、どの会社からでも購入できます

 

例えば、Aという不動産会社のホームページに載っていた物件が気に入ったとき

Aという会社の人ではないけれど、信頼できるBさん(営業マン)に

その物件を見学させてもらったり、実際に取引を依頼したりすることができます

これは『SUUMO』とか『ヤフー不動産』といったポータルサイトの物件も同じです

 

これは不動産業界の人間としては、当たり前の事実であまり説明もしないのですが

結構、マイホームを探している人の多くが知らない事実です

ですから、気に入った物件があって、その時の担当者との相性が悪いなあと思ったら

嫌な思いをして、その会社やその営業マンから買う必要は無いんです

・自分たちはローンが組めるのか?

・毎月の支払いはどれくらいにすればいいのか?

・いくらくらいローンが借りれるのか?

・金利は上がってしまうんじゃないか?

・ローンの仕組み自体がよくわからない  などなど

 

こんな感じの住宅ローンに関すること

この『お金のこと』についてはとても多くの方が不安に思う項目ですが

実は一番、解決も簡単なんです

 

それは、『知らない事は知ればいいだけ』だからです

 

不安なのは、知識がまだ無いから、探し初めでよくわからないから

こういったことでお金のことが不安になるので

実際に専門家に相談をして計算などもやってみる。

インターネットで気になることを調べてみる

そんなことで不安は少しづつ解消されます

 

住宅ローンでは『事前審査』という制度もあって

買う物件が決まっていなくても、無料で住宅ローンの仮審査もしてくれますので

そういった事を実際にやって行動してみると

どんどん不安が少なくなってくると思います。

 

あと、『ローンを組んで、将来ずっと支払っていけるのか?』

このことで不安を感じているお客さんが当社では一番多い気がします

 

これも細かくしていくと、解決方法に近づいてくるかもしれません

 

・計算した毎月の支払額が負担に感じる

→負担に感じない支払額で物件を探す。

→同じくらいの収入の人たちがどれくらいの支払いをしているのかを知る

 

・子供が成長した時に必要な教育資金など、家以外の出費はどれくらいかかるのか

→ファイナンシャルプランナーのライフプランなどをして出費を把握する

→毎月の支払以外に備えを積み立てていく計画も立てる

 

・会社が倒産したり、病気になって働けなくなったらどうしよう

→そうなった時に備えて保険に加入しておく。現在の保険を見直す

→住宅ローンと同時に加入できる保険等を考えてみる。

 

まだまだありそうですが

このような事も、専門家に相談したり、万一に備えたりする手段を

知ることで、不安は少なくできると思います

 

『こうすれば、絶対大丈夫!』という解決策は無いのですが

『こうなっても、ここまでは大丈夫』とか『こうなった場合に備えてこれを準備しておく』こんな風に考えられるようになるだけで、少しは不安が減ると思います。

お子さんは、当たり前ですが必ず成長します。

現在幼稚園でも10年もすれば中学生・高校生です

そうなったら、部屋は何部屋必要でしょうか?

兄弟は同性か?異性か?  何人兄弟なのか? 将来増える計画はあるか?

などなど、その通りに進まないのが人生ですが

まずは自分たちの計画や希望をはっきりさせることが第一歩です

 

それによって、間取りがどれくらい必要になるのか予想できます。

『2LDKや3LDKで、今現在はちょうど良いけど、子供が成長したらどうするか?』

 

・間取り変更や間仕切りなどのリフォームで対応できるか

・二段ベッドや家具類などで工夫できるか?

こんな事を考えて、想像してみて大丈夫かどうか考えてみましょう

お子さんの将来については、予想もしやすく、他の人の経験も参考になるので

大きなお子さんのいるお友達などに相談してみるのもいいと思います

ご両親の事となると、予想するのがとても難しいです

 

いつ、一緒に住むことが必要になるのか?

そもそも、一緒に住もうと思っているのか?

 

などなど、予想していても子供の成長と違って

ほとんどそのようにならない事が多いです

 

ご両親の年齢にもよりますし、お互いの関係にもよりますし

パートナーの気持ちもあります。

 

本当に難しい問題ですが

一番いいのは『ご両親に直接聞いてみる』ということかなと思います

 

中々聞きづらいことではありますが

マイホームを考えるのを機に、将来どう思っているのか?

ご自分達だけで不安を抱えているよりも、直接聞いちゃうのが一番早い気がします

 

以前にもそれで

『じゃあ、一緒に住もうか!』ということになったり

『私たちの心配はしなくていいから、自分たちの好きな家を買いなさい』と言われたり

『一緒の家は嫌だけど、近くには住みたい』ということで同じマンションを買ったり

 

話してみることで、色々と道が開けてくることが多いように思います

『物件が古くなると、買ってくれる人がいなくて売れない』

と思っている人が結構多いんです

 

どんなに古くなっても、誰も買ってくれないなんてことはありませんから

まずはご安心ください

 

築数十年経ったマンションも、もちろん買う人はいますし、きちんと売れています

一戸建てに関しては、数十年で建物の価値はほとんどゼロになりますが

土地の価格は、年数が経過しても、そのことで下がったりはしません

 

ですから、もし希望のエリアがあって

そのエリアの築年数の古い物件はいくらぐらいで売買されているのかとか

そういった事例を営業マンに聞いてみてください

 

そういった情報があるだけで、売った場合や貸した場合のイメージも湧きますし

実際に値段が下がってしまったとしても想定内であれば慌てなくてすみます

住宅ローンの審査では

・勤務先 ・雇用形態 ・勤続年数 ・自己資金 ・個人情報等

主にこの項目を審査の対象にしています

 

よく『自分は年収が低いんですけど借りられますか?』という相談を受けますが

年収によって、借入できる額の上限は決められてしまいますが

審査が通るかどうかとは別問題で、直接は関係ありません

(銀行によって、年収200万円以上等の審査条件はあります)

 

上の項目だけ見てみると

住宅ローンを借りるのは、とてもハードルが高い気がしてしまうかもしれませんが

決してそんな事はありません

 

勤務先の規模が小さくても、勤続年数が少なくても、頭金が無くても

心配しないでください

現在は比較的住宅ローンの審査が通りやすい時代ですし

一か所で断られても、別の銀行で借してくれることもよくあります

お客さんとパートナーである営業マンの二人三脚で

ほとんどの方が、最終的に住宅ローンが借りられています

相談先は銀行と思っている方もいるのですが

不動産会社に相談してください

 

なぜかというと、Aという銀行に相談に行っても、A銀行ではB銀行やC信用金庫などの

別の金融機関の事は教えてくれません

不動産会社はお客さんの状況を聞いた上で、一番審査が通りそうな銀行や

一番条件が良さそうな銀行を紹介してくれるはずです

『物件が決まってからすればいいや』と思っている人も多いのですが

できれば、マイホームの探し初めに相談した方がいいと思います

 

理由はいくつかあるのですが

審査を通すのには、書類を集めたり、用紙に記入したりと

時間のかかることが多いです

 

物件が見つかってから、それを一気にやるのは結構大変だということと

最近では、ローンが通ってからでないと、売買契約をしないケースも多いので

物件が気に入ってローンの事前審査の手続きをしている最中に

別の人に買われてしまったということも珍しくありません

 

また、審査に通りづらい人でも

マイホームの探し初めに相談してくれれば、いくつかの金融機関がダメでも

他の金融機関に相談したり、再度審査したりする時間もあるのですが

物件が決まってからだと、そういった余裕もありません

 

自分の年収や、書類集めなど

面倒な事は後回しにしたくなる気持ちもわかるのですが

できるだけ、早く相談してもらえると、色々な面で不安も無くなりますし

結果も良いものになります

 

金融機関はたくさんあります。

貸出条件や考え方もそれぞれ違います

『自分は借りられないんじゃないか?』と不安に思っている人ほど早めにご相談ください

不動産のこと、かるく相談してみる。
戸塚区マンション百貨
ページトップ